Amazonブラックフライデーいよいよ!>

Anker 655 8-in-1 USB-Cハブレビュー:UHS-Ⅱ対応のカードリーダーがあるぞ!ハイスペックでおしゃれなUSB-Cハブ

URLをコピーする
URLをコピーしました!

\ 今年も来たぞブラックフライデー /

こんにちはKoh(@misc_log)です。

SDカードの高速規格であるUHS-Ⅱに対応したUSB-Cハブはほとんどありません。激レアです。

そんな激レアUSB-CハブがなんとAnkerから出てました。それがこのAnker 655 USB-Cハブ 8-in-1。

Anker 655 8-in-1 USB-Cハブ

ポートスペックが非常に高く、数も豊富な全8ポート。そしてデザインもおしゃれ。何というか、めちゃくちゃ良いUSB-Cハブです。

高機能でおしゃれなUSB-Cハブ
高機能でおしゃれ

僕は大量のUSB-Cハブを使ってきましたが、その中でもトップクラスに良いと感じます。Ankerからすると余計なお世話だと思うんですが、もっと注目されていいと思うんですよねこれ。

繰り返しですがSDカードがUHS-Ⅱに対応しているハブってほぼないのに、そこが全然認知されていない気がします。

UHS-Ⅱ対応は激レア
UHS-Ⅱ対応は激レア

というわけで、この記事ではハイスペックUSB-CハブであるAnker 655 USB-C ハブ (8-in-1)の特徴や良いところ・悪いところを詳しく紹介します。

全MacBookユーザーにおすすめなので、ハブを検討している人はぜひ参考にしてください。

目次

Anker 655 USB-C ハブ8-in-1の特徴

USB-Cハブの中でもハイスペックと呼べる部類の機種ですが、性能だけでなくデザイン性も兼ね添えた、優しくて力持ちみたいなイケメンハブです。

ポート一覧

まずは備えているポートの一覧から紹介します。全8ポートです。

ポート一覧

USB-C充電用 × 1ポート(最大100W)
USB-A2ポート(最大10Gbps)
HDMI1ポート(最大4K@60Hz)
SDカード1ポート(UHS-Ⅱ)
Micro SD1ポート(UHS-Ⅱ)
有線LAN1ポート(最大1Gbps)
オーディオジャック1ポート

ポートの位置関係はこちら。

ポート構成

反対側がこんな感じ。

ポート構成

SDカードがUHS-Ⅱ対応であることを強調してきましたが、USB-Aが2つとも10Gbpsに対応しているのも実は超レアです。外付けSSDなどが爆速。

他にも4K60HzのHDMIや最大100WのUSB-Cポートからイヤホンジャックまで備えてます。

デザイン・サイズ感

通常アルミボディの筐体が多いUSB-Cハブですが、こちらはアルミの上にPUレザーが貼られています。フェイクレザーとはいえレザーのハブは初めてみました。

PUレザーの本体
PUレザーの本体

どことなくカメラを思わせるようなデザインでとてもおしゃれ。

8ポートハブとあってサイズ感はそこそこ大きめ。手からはあふれるレベルです。

そこそこのサイズ感
そこそこのサイズ感

厚みはだいたい1.4cm。有線LANが厚みを出している感じですね。

有線LANがあると厚くなっちゃう
有線LANがあると厚くなっちゃう

角が丸くなっていて少し柔らかい印象なのも特徴的。

グレーカラーの本体
グレーカラーの本体

カラーはグレーとホワイトの2色。僕はダークカラーが好きなのでグレーにしました。

ちなみに、Macへの接続ケーブルが編み込みタイプなのも割とレア。おしゃれだし耐久性高いし何から何までよく出来てますこれ。

Anker 655 USB-C ハブ8-in-1 レビュー

ではこのハブの魅力を余すところなく詳しくお伝えしていきます。また残念なところもあるのでそちらもぜひご覧ください。

SDカードがUHS-Ⅱ対応!

全てのポートがハイスペックなのは紹介した通りですが中でもレアなのがSDカード。爆速転送できます。

こちらが転送速度。一般的なUSB-Cハブと速度を比較してみました。

爆速SDカード

約3倍くらいのスピードが出ています。転送にかかる時間が単純に3分の1になるのでカメラを使う人ならこの時点で「あ、もうこのハブ買います」って感じじゃないでしょうか。

これ、Amazonの商品ページを見ていてもちっちゃく書かれているだけなので最初は全く気づきませんでした。

UHS-Ⅱ対応をもっとアピールしようよ・・

SDカードを使う人の絶対数が少ないのもあるのかもしれませんが、Ankerはこの点をもっと訴求すべきじゃないかとさえ思いますね。そのくらいレアで貴重です。

とにかく重宝します

もちろんUHS-Ⅱに対応したSDカードが必要にはなりますが、少しでも使う可能性がある人には圧倒的におすすめです。

ハイスペックなポート群

SDカード以外にもポートが全部ハイスペック。USB-Aが2つとも10Gbpsなので外部SSDなどを接続すると爆速です。

USB-Cポートは充電専用となりますが最大100W対応。ハブに15W消費するため100Wのアダプタを接続すればMacへは最大85Wで給電することができます。

85WでMacを給電
85WでMacを給電

参考までに各MacBookの必要W数はこちらです。対応できるMacが幅広いのも優れた特徴です。

デバイス推奨W数
M1 MacBook Air30W〜45W
M1 MacBook Pro 13インチ61W
M2 MacBook Air30W〜67W
M2 MacBook Pro67W
MacBook Pro 14インチ
※M1 Pro 8コア
67W
MacBook Pro 14インチ
※M1 Pro、M1 Max
96W
MacBook Pro 15インチ87W
MacBook Pro 16インチ96W
MacBook Pro 16インチ
※M1 Pro、M1 Max
140W

外部モニターにつないでMacを使う人も安心な4K60HzのHDMIもついてます。

また、イヤホンジャックがあるのもレアと言えばレア。あまり多くはありません。

しいて言えばUSB-Cでデータ転送できるポートがあってもいいかなとは思います。Macへの給電以外にUSB-Cを使いたい人はご注意ください。

残念なのはMacとの接続端子部分

USB-Cデータ転送ポートがないとか本体がそこそこ大きいとか、ネガティブなところだけどまあよくあること。

そんなに弱点らしい弱点がなく完璧に近い製品だと思ってたんですが、ひとつだけ謎の弱点があります。それがこのMacとの接続端子部分。

やたら大きいんですよねここが。ここが大きいせいで抜き差しが非常にしづらい。

抜き差ししづらいんですが・・・
抜き差ししづらいんですが・・・

多分こういう感じで収納できるようにこの形にしたんだと思います。

これはいい
これはいい

それはいいんですが、肝心のMacに抜き差ししづらいという弱点を抱えてしまってます。うっすいWindowsノートだとここが大きすぎてPCそのものが少し浮くらしいです。嘘でしょ・・。

Macでは浮きはしないけど・・・

M1 MacBook Pro、M2 MacBook Airで試す限り浮くような事態にはなりませんでしたが、メリットよりデメリットが勝っている気がしますねこれは。

慣れれば問題ありませんが抜き差しがしづらいという点は覚えておくと良いと思います。

他USB-Cハブの選択肢は?

最後に、この製品と他製品を比較するならという観点でいくつかUSB-Cハブを紹介します。・・・とは言うものの、SDカードがUHS-Ⅱの時点でほぼ他に選択肢がありません。

もしUHS-Ⅱは必要なくて、USB-Cのデータ転送が欲しいなという場合にはこのあたりが候補になると思います。

11ポートもあるのが特徴的なハブ。10GbpsのUSB−Cポートを備えているため、USB-Cで外部SSDをつなぎたい人におすすめです。

その他、MacBookにおすすめはUSB-Cハブはこちらでまとめてます。

さらにハイスペックなものが欲しい人向けにMacにおすすめなドッキングステーションもまとめていますので合わせてぜひ。

Anker 655 USB-C ハブ8-in-1 レビューまとめ

以上、Anker 655 USB-C ハブ8-in-1をレビューしました。

高いポートスペック、UHS-Ⅱ対応のカードリーダー、おしゃれなデザインが特徴的なUSB-Cハブです。

最初にも言いましたが僕は大量のUSB-Cハブを使ってきました。その経験から言っても、現環境の中ではトップクラスに優れたハブだと思います。

良いところ
残念なところ
  • 豊富な8ポート
  • UHS-Ⅱ対応のカードリーダー
  • おしゃれなデザイン
  • Macとの抜き差しがしづらい

SDカードを使う人、それから、このデザインが刺さった人には激しくおすすめです。ぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる