【2020年】MacBook ProのおすすめUSB-Cハブ

2020 2/23
【2020年】MacBook ProのおすすめUSB-Cハブ

Macユーザーのみなさん、こんにちはKoh(@misc_log)です。

最新のMacBook Pro 2019を含め、2016年モデル以降のMacBook ProにはUSB-Cしか接続端子がありません。

USB-Cがいくら優れた規格とはいえ、「いや、普通に不便だろ」と思うのが人の常でしょう。

まだまだ周辺機器類はUSB-Aが現役ですからね。

MacBook ProにはUSB-Cポートしかない
MacBook ProにはUSB-Cポートしかない

MacBook Pro 2016以降のモデルを持っている人が、人として健やかな生活をするためには、ほぼ例外なく「ハブ」が必要になると思います。

ハブって安いものではないので、最近の高価格になったMacに加え「一体いくら使うんだよ」と涙をのみながらAmazonの購入ボタンを押すMacユーザーの勇姿が目に浮かびます。

ということで、ハブは強制的に買わされる事になると思いますが、何とかその買い物が有意義になるよう、MacBook ProのおすすめUSB-Cハブをまとめました。

僕もそれなりにいろいろ買ってきましたので何かの参考になればと思います。

MacBook Pro、MacBook、MacBook Airなど、USB-C端子だけになってしまったMacを使っている方向けの記事です。

目次

MacBook Pro用USB-Cハブの選び方

まずUSB-Cハブの形状について2種類だけ覚えてください。

USB-Cハブの形状
  • Mac本体に直挿しするタイプ
  • ケーブルがついているタイプ

具体的にはこの2種類。

MacBook Pro USB-Cハブの種類
直挿し / ケーブル付き

左側がMac本体に直挿しするタイプで、右側がケーブルが付いたタイプ

これらは若干使い勝手が違うので、メリット・デメリットを簡単にまとめます。

Mac本体に直挿しするタイプ

ケーブルがなく、Mac本体にそのまま挿すタイプのUSB-Cハブ。

Satechi USB-C アルミニウム Proハブ
Satechi USB-C アルミニウム Proハブ

下記のメリットとデメリットがあります。

メリット
  • 見た目がとてもスマートでおしゃれに使える。
  • ケーブルがついてないのでスペースを取らない。
デメリット
  • ハブ本体の熱がMacに伝わるので「精神衛生上なんか嫌」という問題がある。
  • ハブを接続したまま無理な力をかけたりするとMacの端子が無傷では済まなそう。
  • Mac本体を覆うシェルカバーなどを付けていると多分使えない。

ケーブルが付いたタイプ

ケーブルが付いたベーシックなUSB-Cハブ。よく見るタイプだと思います。

Satechi V2 マルチ USB Type-Cハブ
Satechi V2 マルチ USB Type-Cハブ

メリットとデメリットは下記の通り。

メリット
  • Macを含め様々なPCで使えるため汎用性が高い。
  • 種類が多いので選びやすい。
デメリット
  • 一体となるタイプに比べ見た目的なスマートさがない。
  • ケーブルが付くので、その分スペースが必要になる。

このようにそれぞれ特徴がありますが、一長一短です。

どっちが良いとかは完全に好みなんであんまり深く考えなくていいと思います。

それぞれの違いだけ踏まえて、必要なポートとその数、あとは見た目の好みで決めればOK。

ただ、極端に安いものはクオリティがヤバいので、安くても3,000円〜を考えておくのがベストです。

MacBook ProのおすすめUSB-Cハブ

前置きが長くなりましたが、MacBook ProのおすすめUSB-Cハブを紹介します。

Satechi USB-C アルミニウム Proハブ

高機能とデザイン性を兼ね備えた、Apple製品と相性抜群な周辺機器メーカーといえばSatechi。

そのSatechiから販売されている凄まじい人気を誇るケーブルレスのハブが「Satechi USB-C アルミニウム Proハブ」です。

Satechi USB-C アルミニウム Proハブ

ただ高機能というだけでなく、デザインや質感がMacBook Proに最高にマッチ。

接続ポート

USB-A 3.02ポート
USB-CThunderbolt 3 × 1
非Thunderbolt 3 × 1
HDMI1ポート
SDカード1ポート
MicroSDカード1ポート
有線LAN×
Satechi USB-C アルミニウム Proハブの接続ポート

USB-Cが2ポート、USB-A 3.0も2ポート、HDMIによる映像出力、SDカードも接続可能。

日常使用で必要になるであろうものは全てカバーしてます。

さらに片方のUSB-CはThunderbolt 3なので、USB-Cによる5k/2x4k@60Hzの映像出力、40Gb/sの高速データ転送が可能。

もちろんPD対応でMacBook Pro 15インチも充電できます。

Satechi USB-C アルミニウム Proハブは様々なポートが接続可能
様々なポートが接続可能

機能はもちろん、このハブが人気の理由は何と言ってもデザイン性の高さ。

Satechi Type-C アルミニウム Proハブはケーブルレスでスマートな最強ハブ

まるでApple純正アクセサリーのような一体感で、Macに接続した際の見た目の美しさは他のハブに比べて頭一つ抜けてます。

スタイリッシュで洗練されたデザインがMacと相性抜群。

ケーブルレスで様々な周辺機器をスマートに接続できるので、機能だけでなく見た目も大事だよねという人におすすめです。

Satechi USB-C アルミニウム Proハブの詳細レビューはこちら
あわせて読みたい
【レビュー】Satechi Type-C アルミニウム Proハブはケーブルレスでスマートな最強ハブ
【レビュー】Satechi Type-C アルミニウム Proハブはケーブルレスでスマートな最強ハブこんにちはKoh(@misc_log)です。USB-CポートだけになったMacBook Proに必要なアクセサリーといえばUSB-Cハブ。USB-Cハブは様々なものが販売されてますが、機能とデザイ...

Satechi V2 マルチ USB-Cハブ

こちらもSatechiの大人気ケーブル付きUSB-Cハブ、「Satechi V2 マルチ USB-Cハブ」です。

Satechi V2 マルチ USB-Cハブ

このハブも機能とデザインを両立しており、様々な接続ポートを持ちながらデザインが完璧。

接続ポート

USB-A 3.03ポート
USB-C1ポート
HDMI1ポート
SDカード1ポート
MicroSDカード1ポート
有線LAN1ポート

接続ポートはこの通り「全部入り」です。

このハブは有線LANがついてるのがポイント。

出張などでホテルに泊まると未だに有線LANが必要なケースがあるので、そういった場合に備える事が可能。

Satechi V2 マルチ USB-Cハブは有線LANが接続可能
底面に有線LANを接続できる

また、最もよく使うであろうUSB-A 3.0が3ポートもあり、これだけあれば困ることはないです。

HDMIで外部ディスプレイにも接続可能なので、自宅やオフィスではディスプレイに繋いで作業したいという方でも問題なし。

Satechi V2 マルチ USB-Cハブはかなり多くの接続ポートを備える

カードリーダーは差し込むと「カチッ」という音がなり、あれ?ちゃんと入った?みたいな事になりません。

microSDカードの接続がわかりやすい
カードを挿すとカチッとなる

このように、MacBook Proに接続した時のデザイン的な統一感はさすがSatechi。

Satechi V2 マルチ USB-Cハブはおしゃれ

高い機能性と優れたデザインで、使うテンションも超絶上がるおすすめハブです。

Satechi V2 マルチ USB-Cハブの詳細レビューはこちら
あわせて読みたい
【レビュー】Macと相性抜群なSatechi V2 マルチ USB Type-Cハブ
【レビュー】Macと相性抜群なSatechi V2 マルチ USB Type-CハブこんにちはKoh(@misc_log)です。MacBook Proを始め、MacBook、MacBook Airにマストな周辺機器といえばUSB-Cハブ。普及が進んできたとは言え、USB-Cだけでやりくりするの...

Satechi V2 スリム マルチ USB-Cハブ

こちらもおしゃれSatechiですが、形状がスリムになったハブ。

接続ポート

USB-A 3.02ポート
USB-C1ポート
HDMI1ポート
SDカード1ポート
MicroSDカード1ポート
有線LAN×

有線LANが接続できず、USB3.0ポートが2ポートになりますが、それだけあれば十分という場合におすすめ。

Anker 3-in-1 クラシック USB-Cハブ

Anker 3-in-1 クラシック USB-Cハブ」は必要最低限のポートを備えていながら割と低価格で買えるケーブル付きハブ。

Anker 3-in-1 クラシック USB-Cハブ

接続ポート

USB-A 3.01ポート
USB-C1ポート(PD対応)
HDMI1ポート
SDカード×
MicroSDカード×
有線LAN×

いろいろなポートが接続できるタイプではないですが、約3,000円でAnkerのハブが買えるのは魅力です。

SDカードは入らなくてもいいし、HDMIが使えてUSB-Aも1つあれば十分」みたいな用途であれば、全然検討できると思います。

Anker 3-in-1 クラシック USB-Cハブに接続
必要最低限のポートを備える

ただ、このハブのUSB-Cポートは60WのPDに対応していますが、接続した電力から9Wをハブそのものに使います。

MacBook Pro 13インチ付属充電器の出力は約60Wですが、9Wをハブに取られるので51Wで充電されることになり、充電までにかかる時間が少し長くなるという部分がデメリット。

また、3ポートしか接続出来な割にはサイズも少し大きめです。

Anker 3-in-1 クラシック USB-Cハブはギリギリ手のひらサイズ
ギリ手のひらサイズ

このようにデメリットは多少あるものの、ハブとして約3,000円は低価格な部類ですし、さらに信頼性のあるAnker製なので、デメリットに目をつむれるのであれば全然アリだと思います。

そんなにポートは接続できなくていいから、低価格なタイプが欲しい」という方におすすめ。

Anker 3-in-1 クラシック USB-Cハブの詳細レビューはこちら
あわせて読みたい
【レビュー】Anker 3-in-1 クラシック USB-Cハブは必要最低限のポートを備えたコスパハブ
【レビュー】Anker 3-in-1 クラシック USB-Cハブは必要最低限のポートを備えたコスパハブこんにちはKoh(@misc_log)です。Ankerから割と低価格なUSB-Cハブが発売されたので、MacBook Pro用に買ってみました。MacBook Proを始め、USB-C端子しか持たないデバイス...

Anker 5-in-1 プレミアム USB-Cハブ

こちらもAnker製ですが、USB-Aが3ポート接続できるタイプのUSB-Cハブ。

接続ポート

USB-A 3.03ポート
USB-C×
HDMI1ポート
SDカード ×
MicroSDカード ×
有線LAN1ポート

USB-Aが3ポートあれば接続したい周辺機器が多くても安心。

さらにHDMI、有線LANポートも備えてます。

細長いデザインでアクセサリーケースのスペースを取らず携帯にも便利。

ただ、ひとつ残念なのはUSB-Cポートがないんですよね。

まあ、USB-CポートがひとつしかないMacBookはともかく、MacBook Proは複数のポートがあるので使わないと言えば使わないです。

デザインもスリムでおしゃれ。Anker好きにおすすめです。

Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブ

こちらもAnker製ですが、全部で7ポート接続できるタイプ。

接続ポート

USB-A 3.02ポート
USB-C1ポート(PD対応)
1ポート(データ転送用)
HDMI1ポート
SDカード1ポート
MicroSDカード1ポート
有線LAN×

USB-Cを2ポート持っているのが特徴。

最大100Wまで対応した高出力USB-CポートでMacBook Pro 15インチの充電もでき、データ転送用USB-Cポートで5Gbp/sの高速データ転送が可能。

他にも有線LAN以外の主要ポートはだいたい持ってるので様々な機器をこれ一つで接続できます。

USB-Cが2ポートあるので、MacBookなどのUSB-Cポートが1つしかないデバイスでも活躍しますね。

アルミボディで高級感があり、丸みを帯びたデザインもカッコいいです。

USB-Cポートが100Wまで対応したハブは珍しいので、MacBook Pro 15、16インチでハブから電源を確保したいという場合におすすめ。

DesertWest USB C ハブ

USB-A4つを含め、9ポート接続できるDesertWest USB-Cハブ。

接続ポート

USB-A 3.04ポート
USB-C1ポート(PD対応)
HDMI1ポート
SDカード1ポート
MicroSDカード1ポート
有線LAN1ポート

このハブはUSB-Aが4ポートもあり、モリモリといろんなものを接続する人におすすめ。

USB-Cポートは最大90WのPD対応で、HDMI、有線LAN、各種カードリーダーと、これ1台で様々な機器が接続できます。

サイズ的に大きめにはなるので、持ち歩きというよりデスクなどに備え付けで使うほうがいい。

Omars USB-Cハブ

10ポート接続できる全部入りのUSB-Cハブ。

接続ポート

USB-A 3.03ポート
USB-C1ポート(PD対応)
HDMI1ポート
SDカードリーダー1ポート
MicroSDカードリーダー1ポート
有線LAN1ポート
VGA1ポート
イヤホンジャック1ポート

まあもう、これ以上何が必要なのかというポート数です。

有線LANまでは珍しくないですが、VGAとイヤホンジャックを持っているのが珍しい。

VGAだけを接続できるようなハブは他にもいくつかありますが、このように他のポートも含めていろいろ接続できるというモデルは少ないので重宝します。

MacBook Proはイヤホンジャックが標準で備わっているので必要ないかもしれませんが、イヤホンジャックがないデバイスに接続する時に活躍してくれそう。

まとめ:MacBook ProのおすすめUSB-Cハブ

現ノート型Macは全てUSB-Cしか搭載されておらず、それについては様々な議論をよびましたね。

まるで悪者のように扱われるUSB-Cですが、実は優れた規格なんですよ。

大きな電源供給も可能で、高速なデータ転送、映像出力まで、実はUSB-Cひとつで実現できます。

とは言え、持っている周辺機器全てがいきなり対応するわけじゃないので、しばらくはハブを噛ませて周辺機器と繋げるしかないですね。

USB-Cが完全に普及したら様々なケーブル類の煩わしさから解放された快適な環境になるんだろうなとは思うんですが、あと数年はかかりそう。

ということで、まだしばらくはハブと付き合っていく必要がありそうなので、何かひとつ手元においておくことをおすすめします。

気になったUSB-Cハブがあったらぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

MacBook Proと合わせて買いたいアクセサリーまとめ
あわせて読みたい
【2020年】MacBook Proと合わせて買いたいおすすめアクセサリー
【2020年】MacBook Proと合わせて買いたいおすすめアクセサリーこんにちはKoh(@misc_log)です。僕は現在MacBook Pro 2017を使っており、MacBook Proを使い始めてから10年ほど。長いことをMacを使ってきましたが、アクセサリーや周辺...
MacBook Proに相性抜群なSatechiの周辺機器まとめ
あわせて読みたい
【2020年】SatechiのおすすめApple製品周辺機器・アクセサリー11選
【2020年】SatechiのおすすめApple製品周辺機器・アクセサリー11選こんにちはKoh(@misc_log)です。僕はSatechiの製品が好きでたくさん持っているのですが、とにかくおしゃれでカッコいい。Apple「専用」というわけではないのですが、デ...
MacBook Pro用のUSB-C充電器の決定版
あわせて読みたい
【結論】MacBook ProのUSB-C充電器はAnker PowerPort Speed 1 PD30が最強におすすめ
【結論】MacBook ProのUSB-C充電器はAnker PowerPort Speed 1 PD30が最強におすすめMacBook Proから人類史に残るであろう偉大な発明のひとつであるmagsafeが消滅。加えて、USB-C一択になったことで、持っていたMacBook Pro用アクセサリー類はこの度めで...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

Amazonで
お得にガジェットをポチる!

Amazonで買い物するならチャージが出来るAmazonギフト券を使うとお得。

現金でのチャージ額に応じて最大2.5%のポイントが貯まります。

ポチる前にチャージして
お得にガジェットをゲット!

関連記事

コメント

コメントする

目次
目次