Mac

MacBook Pro 2018で解消したのか?バタフライキーボード問題まとめ

つい数ヶ月前に意気揚々とMacBook Pro 2017を購入したという記事を書き、まさか今年2018モデル出ないよね?と内心ドキドキしていたわけですが、しっかりと2018年7月12日にMacBook Pro 2018が発表されました。本当にありがとうございます。

マイナーアップデートモデルのようですが、スペックなどはともかくとして、例のバタフライキーボード問題に良い意味での進展があった模様です。大丈夫全然悔しくないです(棒読み)

ということで、バタフライキーボード問題とは一体何なのか?何が起きていてどういう状態なのか?知っている情報をまとめてみました。

これからMacを買おうと検討している方やバタフライ構造キーボード問題について知らない方の参考になると思います。

バタフライキーボード問題の経緯

Macユーザーなら知っているかと思いますが、先日発表されたMacBook Pro 2018に搭載されたバタフライキーボードは「第三世代」です。

バタフライ構造キーボード

 

バタフライキーボードとは

言葉で説明しづらいのですが、高さが低く浅めのキーボードで、打った時の跳ね返りが少ない打鍵感が特徴的なキーボードです。

個人的には打ちづらさを感じることはないですが、この打鍵感については賛否両論ですね。

ともかく、このバタフライ構造を採用することで従来のキーボードより40%も薄くなり、Mac自体も更に薄く進化しました。

MacBook紹介動画の中にバタフライキーボードに関しての説明があるのでよろしければ。

チリやホコリに弱すぎる構造

Macが薄くなるのは喜ばしい事なのですが、その代償に故障が多いという欠点を持ってしまったようです。

このバタフライ構造キーボードはホコリが入ってしまうと取り除くのが難しい構造で、その細いホコリ等がキーボード内部の隙間に入り込み、キーが反応しなくなるなどの問題が多発しています。

英語ですが、詳しくはこのページにいろいろ書かれています。

そんなバタフライ構造キーボードですが、一番最初のモデルがMacに搭載されたのは2015年3月に発表されたMacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)で、これが第一世代です。

2018年7月現在のバタフライキーボード搭載Macは下記の通り。

モデル世代
MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)第一世代バタフライキーボード
MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)第一世代バタフライキーボード
MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)第二世代バタフライキーボード
MacBook Pro (13­-inch,15-inch 2016)第二世代バタフライキーボード
MacBook Pro (13­-inch,15-inch, 2017)第二世代バタフライキーボード

(実はマイナーアップデートされている)

MacBook Pro (13­-inch,15-inch, 2018)第三世代バタフライキーボード

 

バタフライ構造キーボードのにまつわる出来事を時系列で

このように光と闇を一緒に連れてきたバタフライキーボードですが、発表から現在までのバタフライキーボードにまつわる様々な出来事をざっとまとめてみました。

 

2015年3月くらい

第一世代バタフライキーボードがMacBookに搭載されて発売。

 

2016年初旬

この頃には、キーボードの様子がおかしいとざわつくユーザーが相当数いた模様。Appleがキーボードのお手入れ方法を解説したページを公開。

メンテナンスすることで改善したという声がある一方、お手入れ方法の難易度が高くユーザーが対処しきれないのか、あるいは、そもそもこんなお手入れだけでは対処できないからなのか、「メンテナンスしたところで何も変わらん」というユーザーの声も。

 

2016年10月

MacBook Pro 2016に第二世代バタフライキーボードが搭載され発売。

 

2017年6月

MacBook Pro 2017が発売。

この時に搭載されたバタフライキーボードは2016と同じ第二世代バタフライキーボードではありつつも、実はアップデートされており、抱えていたキーボード問題は多少改善されていたよう。

 

2017年後半

2017年後半には、MacBook、MacBook Pro 2016の第二世代バタフライキーボードの様子が完全におかしいという事でネット上には阿鼻叫喚の声が続出。

ここまで来ると使い方の問題ではなく、明らかに設計上の問題であり、Appleはユーザーに何らかの対応をすべきだと多くの苦情が生まれ、リコールを求める署名運動が行われるまでに発展。

ちなみに、キーボードの問題で修理を余儀なくされたユーザーには、MacBook Pro 2017に搭載されたアップデート版の第二世代バタフライキーボードに換装されたとの噂。

 

2018年2月頃

僕が新Macを購入するにあたり、MacBook Pro 2016を持つ知人にキーボードが故障したことあるか?と質問。

結果、故障したことがあるとの回答を受ける。サンプル数 2 / 2。得体の知れない恐怖を感じる。

 

2018年5月

ついに集団訴訟にまで発展。しかも立て続けに2件の訴訟が巻き起こる。

 

2018年6月

特定のMacBook や MacBook Proモデルのごく一部のキーボードに、文字が反復入力される、押したキーが返ってこない、というか打てないなどの問題が発生する場合があるということで、キーボード修理プログラムが開始される。

内容は、Mac対象モデルのキーボードに不具合があった場合、無償で修理を行うというもの。

もちろん修理に出している間PCは使用できなくなる上に、キーボードがモデルチェンジされるわけではないと思われるため、根本的な対処と呼べるのかどうかが怪しいと話題に。

 

2018年7月

MacBook Pro 2018が突如発売。第三世代バタフライキーボードとなり、キーボード内部にシリコン膜が設置される。

 

第三世代バタフライキーボードで問題は解消した?

2018年7月12日に突然発売されたMacBook Pro 2018には第三世代バタフライキーボードが搭載されました。

キーのひとつひとつに薄いシリコンの膜が覆われ、ホコリが侵入しづらい構造になっているようですが、ホコリ対策ではなく、あくまでも「静音化」を目的としたものであるとAppleがコメントしています。

しかし、膜で覆われているのでホコリ対策としては当然効果があり、第二世代までと比べると圧倒的にホコリの侵入を防ぐ事が出来ているようです。

ただ、これで問題が全て解決したかというとそうではないらしく、砂を上からかけるというテストを実施したところ、直ちにいくつかのキーが無効化されたという結果も出ています。

砂が上から降ってくる状況って日常的な使用ではありえないと思いますが、細かいチリにはやはり弱いのかもしれません。

そういう意味では、第三世代では「ある程度」問題が改善したが、まだ不安はあるという状態と捉えた方がいいのかもしれないですね。

 

第二世代までのバタフライキーボード搭載Macユーザーに出来ること

さて、では第一世代、第二世代を持っているユーザーはどうしたらいいのでしょうか。

今の所、第一世代、第二世代ユーザーには特に良いことは何一つなさそうです。

キーボード修理プログラムは、保証期間外であっても修理代がタダになるというだけで2回、3回と同じ障害に遭遇する可能性がなくなるものではなく、根本的な解決になりません。

修理プログラムによって第三世代に換装してくれればまだマシになるんだろ?と思ったんですが、第三世代バタフライキーボードは「MacBook Pro 2018」専用です。まじかよ。

どうも釈然としませんが、どうしようもないので受け入れるしかないですかね。

とは言え、いつかキーが効かなくなるその日を黙って迎えるのは嫌過ぎるので、バタフライキーボードユーザーは、「キーボードカバーをつけて使う」事が対策として有効だと思います。

僕自身、MacBook Pro 2017を買った当初からキーボードカバーをつけて約1年ほど使っていますが、現在までにキーボードの効きが悪い、あるいは、効かないといった問題は発生してません。

本当はキーボードカバーとかつけるの嫌なんですけどね。キーがいきなり効かなくなるより全然いいので。

ということで、第一世代、第二世代、心配なら第三世代バタフライキーボードユーザーも、キーボードカバー使って対策しておけば無用なストレスを感じずに済むかもしれませんよ。

今日は以上です。ではまた。

【決定版】MacBook Pro用キーボードカバーはmoshiが間違いないMacBook Proには絶対にキーボードカバーを付けておいた方がいいと思ってます。なぜキーボードカバーが必要なのか、また、紆余曲折を経てたどり着いた圧倒的におすすめなMacBook Proのキーボードカバーを紹介します。...
ABOUT ME
misc
ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。 詳細なプロフィールはこちらから