NOMAD Rugged Case MagSafeレビュー:NOMADのiPhone 12シリーズ用レザーケースがMagSafe対応して最強になった

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

Apple純正に勝るとも劣らない優れたクオリティを持つiPhoneケースと言えば、NOMADのRugged Case。

老舗中の老舗であるホーウィンのレザーが使われ、上質で落ち着いた雰囲気をもつiPhone用レザーケース。

そんなNOMADのiPhoneケースがMagSafe対応したので買ってみました。

正直、「最高」以外の感想はそんなにないんですが、特徴や使用感などレビューしたいと思います。

目次

NOMAD Rugged Case MagSafeの特徴

NOMAD Rugged Case MagSafe」は、Appleデバイスと親和性の高い優れたデザインの周辺機器・アクセサリーを展開するNOMADが販売するiPhone用レザーケース。

NOMAD Rugged Case MagSafeの特徴

Rugged Caseという定番シリーズがありまして、それが「MagSafe対応しましたよ」というもの。

iPhone 12シリーズ4機種全てのSKUが展開されており、カラーはブラック、ブラウン、ナチュラルの3色。今回レビューするのはiPhone 12 Pro用のブラック。

NOMAD Rugged Case MagSafeのカラー展開

MagSafe対応版は非対応版に対し10ドル高く設定され約60ドル。執筆時のレートでだいたい6,500円ほどで販売されています。

結構いい値段しますが、上質で高級感のある落ち着いた雰囲気のレザーケースで、個人的には価格なりの価値を持ったケースだと思います。

NOMAD Rugged Case MagSafeの外観・デザイン

カメラユニットが大きくくり抜かれたごく一般的な形状のiPhoneケースで、背面にホーウィンレザーが使われています。

NOMAD Rugged Case MagSafeの外観・デザイン

内部にはマイクロファイバーが敷かれ、iPhoneを傷からガード。

NOMAD Rugged Case MagSafeの内部はマイクロファイバー
NOMADロゴ

MagSafe対応を果たしたことにより、内部にはMagSafeラインが。

NOMAD Rugged Case MagSafeの内部にはMagSafeラインが

iPhone 12 Proを装着。タイトなケースではないので、わりと簡単に装着可能です。

NOMAD Rugged Case MagSafeにiPhone 12 Proを装着

ケース周囲のバンパーはレザーではなくTPU製。

周囲はTPUバンパー
TPUバンパー

このTPUバンパーにより約3mからの落下に耐えるとされており、実は耐衝撃性も持ってます。

そして下部のスピーカー、マイク、Lightningケーブル部。

NOMAD Rugged Case MagSafeの下部

Lightningポートが大きく開かれているため、ある程度なら太めのケーブルでも大丈夫なはず。

次にカメラユニット部。わずかにカメラより高さがあるため、背面から置いた際にもレンズをガード。

カメラユニット部

また、前面もエッジがディスプレイよりわずかに高く、画面を保護する作りになっています。公式サイトによると1.1mm高くなっているそう。

ディスプレイ

ケースとiPhone 12 Proを含めた重量は約231g。

NOMAD Rugged Case MagSafeとiPhone 12 Proの重量は約231g

Apple純正シリコンケースをつけたiPhone 12 Proが約224gなので、7g程度重くなります。

重くなるのはデメリットですが、まあ耐衝撃性を加味するとしょうがない部分ですね。

NOMAD Rugged Case MagSafeの使用感

気になるのはやはりMagSafe充電器の張り付き具合ですが、もう全っ然問題なく、ガッツリくっつきます。

NOMAD Rugged Case MagSafeはMagSafe充電器がガッツリくっつく
ガッツリくっつく

具体的にどのくらいかは説明しづらいんですが、Apple純正ケースをつけたときと違いはないように感じますね。一応、このようにぶら下げても、多少振っても全然大丈夫。

ぶら下げても大丈夫

純正のMagSafe充電器以外にも、Satechiのマグネットタイプでももちろん正常に使用可能でした。

Satechiマグネティックワイヤレス充電器で充電

加えて、Belkin 3 in 1Wireless Chargerでも全然問題なし。しっかりくっついてます。

BelkinのWireless Chargerで充電

このようにMagSafeは期待通りに機能はしますが、例の「跡がつく問題」はきっと発生すると思います。

知らない人のために簡単に説明すると、MagSafe充電器を長期間使うとケースにMagSafeの丸い跡がくっきり残るというもの。

Appleもサポートページで「レザーケースでMagSafe使うと跡つくから、嫌ならレザー使わないほうがいいよ」と公式にアナウンスしています。

どの程度目立つのかはわかりませんが、そこはある程度覚悟して使うしかありません。

数日使った限りでは跡はない
数日使った限りでは目立つ跡はない

その他、ケースとしての使用感で大きく気になることは特にないですね。

Apple純正シリコンケースよりは多少重いですがわずかな差ですし、サイズ的にも極端に大きいわけでないので違和感を感じることも個人的にはないです。

レザーなので滑りやすさはありますが、バンパーがTPUなのでグリップ感があって使いやすい。

TPUバンパーのおかげでグリップ感ある

まあ、やはり何と言ってもこの見た目が最高です。うっとりする見た目。

見た目が美しい

MagSafeが使えるようになったことでiPhoneケースもNOMADに変えることができ、NOMADのAll Black Setupが完成しました。

NOMADのAll Black Setup

傷や汚れも含めて経年変化を楽しめるのがレザーの良いところではあるので、今後どう変わっていくのかとても楽しみ。

NOMAD Rugged Case MagSafeレビューまとめ

というわけで、NOMAD Rugged Case MagSafeをレビューしました。

デメリットは2つで、価格と海外サイトでの購入というところかなと思います。

Apple純正レザーケースが約7,500円。NOMAD Rugged Case MagSafeは約60ドル + 送料になるので、だいたい純正ケースと同じか少し高いかなという感じでしょうか。

安くないケースではありますが、洗練されたレザーケースに耐衝撃性、そしてMagSafeを備えているのは貴重な存在なので、気になった人はぜひチェックしてみてください。

なお、どうやって買えばいいの?という質問が結構届くので購入方法をまとめた記事も書いてます。合わせてご覧ください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる