Amazonブラックフライデーいよいよ!>

Satechi USB-C PRO ハブ Max 8in2 レビュー:M1 Pro / M1 Max MacBook Pro用全部入りハブ!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

\ 今年も来たぞブラックフライデー /

こんにちはKoh(@misc_log)です。

M1 Pro / M1 Max MacBook Proに対応した直挿し系のUSB-Cハブといえば、「Satechi USB-C PRO ハブ ミニ」というものがあります。

Satechi USB-C PRO ハブ ミニ
Satechi USB-C PRO ハブ ミニ

他のMacBookとは形状やポート構成の異なるM1 Pro / M1 Max MacBook Proに直挿ししても、他のポートを潰すことなくきちんと機能する優秀なハブです。

MagSafeもしっかり使える
MagSafeも潰さない

そんな「Satechi USB-C PRO ハブ ミニ」がパワーアップ。それがこの「Satechi USB-C PRO ハブ Max 8in2」です。

Satechi USB-C PRO ハブ Max 8in2

従来モデルであるミニとの違いはポートの数と種類です。5ポート→8ポートになりました。

左が新型
左が新型
下が新型
下が新型

USB-Aがひとつ減って、SD / Micro SDカードリーダーとHDMIが増えました。

形状は同じでポート構成が変わった
形状は同じでポート構成が変わった

あれ?新筐体のMacBookにはカードリーダーもHDMIもあるんじゃないの?と思ったあなた。鋭い。そう、あるんですよ。(Micro SDカードリーダーはないけど

HDMIもカードリーダーもある
HDMIもカードリーダーもある

それなのにUSB-Cハブを使って拡張するメリットは何かというと「Macの左側にポートを増やせる」です。

左側からHDMIを伸ばせる

MacBookの左側からHDMIケーブルを伸ばすことができるので、モニターの右側にMacを配置したいときなんかにケーブルの取り回しがしやすいわけです。

左側からケーブルを取り回したいこともあるよね

クラムシェルモードでも左側を使いたいってことはあると思います。とにかくMac左側にポートある方が都合がいいってシーンに対応できます。

もちろんそれ以外にもハブを使う理由はあって、USB-A機器や有線LANポートを接続できます。

有線LANも接続できる
有線LANも接続できる
  • M1 Pro / M1 Max MacBook Proに直差しできる
  • Mac左側に8ポートを拡張できる
  • USB-Cで映像出力可能なポートを持っている

このような特徴を持ったUSB-Cハブです。

実際には、M1 Pro / M1 Max以外のMacBookでも使えるよう考慮はされているのですが、他MacBookメインで使うならあえてこれを選ぶ必要はないかなと思います。

こちらでMacBookに最適なハブを紹介していますのでぜひご覧ください。

また、「M1 Pro / M1 Maxで使用予定だけどHDMIやカードリーダーが必要ない」という人は、従来の「Satechi USB-C PRO ハブ ミニ」の方がお財布にも優しいため、ぜひこちらを検討してください。

というわけで、前置きが長くなりましたが、今回メーカーから「Satechi USB-C PRO ハブ Max 8in2」を提供してもらったので詳しくレビューします。

USB-Cハブを検討している人はぜひ参考にしてください。

目次

Satechi USB-C PRO ハブ Max 8in2の外観やポート構成

ではまず、Satechi USB-C PRO ハブ Max 8in2の外観やポート構成を紹介します。

ポート一覧

USB-CUSB4 × 1(最大96W、5K60Hz、40Gbps)
データ転送用 × 1(最大5Gbps)
USB-A1ポート(最大5Gbps)
HDMI1ポート(最大4K@60Hz)
SD /
Micro SD
それぞれ1ポート(UHS-1)
※同時使用可能
イヤホン1ポート
有線LAN1ポート(最大1Gbps)
Satechi USB-C PRO ハブ Max 8in2のポート一覧

イヤホンジャックはハブのお尻の部分にあります。

イヤホンジャック
イヤホンジャック

本体デザインはSatechiらしいスタイリッシュなアルミボディと、余計な装飾のないシンプルな外観。

MacBookに合わせ角張ったデザインになっているのが特徴的。シルバーとスペースグレイの2色が展開されており、MacBookと色を合わせると相性抜群です。

長さは約13cm。8ポートともなると、さすがに手のひらからはこぼれるくらいのサイズ感。

それなりのサイズ感

スティック状の長細い形をしているので、携帯する際はスルッと隙間に入れて持ち運べると思います。

MacBookへの接続はこの2つのUSB-Cポートとイヤホンジャックを使います。

イヤホンジャックは折りたたみ式になっており、もしM1 MacBook Pro / AirやM2 MacBook Proなどの筐体で使う場合には畳む必要があります。

折り畳めるイヤホンジャック

なお、前述の通りMacBook左側にしか接続できないためそこはご注意下さい。

左側ポート
左側に接続する
右側ポート
こちらには接続不可

Satechi USB-C PRO ハブ Max 8in2の良いところ

では、このSatechi USB-C PRO ハブ Max 8in2はどんなところが優れているのか、良いところを紹介していきます。

MagSafeポートを潰さない

さすがM1 Pro / M1 Maxマシン専用設計とあって、接続してもこの通りMagSafeを潰しません。

MagSafeポートを潰さない

14インチはともかく、16インチマシンはMagSafeを使わないと140Wでの充電はできないですからね。

ハブを使っても安心してMagSafe充電できます。

HDMIを左側に拡張して4K60Hz出力!

前述の通り、このハブは左側にHDMIを増やせるためケーブルの取り回しがしやすいです。

HDMIを左側に拡張して4K60Hz出力!

左右どちらからでもHDMIを伸ばすことができます。

また、HDMIは4K60Hzに対応しているためモニターの使用体験を損なわないのがいいですね。滑らかな映像を楽しめます。

4K60HzのHDMI

USB-Cポートで映像出力ができるぞ!

このハブにはUSB-Cポートが2つあり、ひとつはUSB4です。実質的にはThunderboltポートなので映像出力もできる超強力ポート。

USB-Cポート

一般的にハブのUSB-Cポートから映像出力ができるものは極めてレアであり、このハブはそのレアパターンです。映像出力も給電も、超高速データ転送もできます。

モニター側が対応していればMacBookへの給電も映像出力もこのポートだけで実現できます。

ただ、そんな強いUSB-Cは片方だけ。もうひとつはデータ転送用ポート(最大5Gbps)となるため、そこはご注意下さい。

Satechi USB-C PRO ハブ Max 8in2の残念なところ

最後にSatechi USB-C PRO ハブ Max 8in2の残念なところを紹介して終わります。

残念なところはひとつだけ。従来モデルの「Satechi USB-C PRO ハブ ミニ」と同じなんですが、MacBookに接続したとき微妙にツラが合わないんですよね。

Satechi USB-C PRO ハブ Max 8in2の残念なところ
微妙にツラが合わない

原因はLANポートの高さによるもの。しょうがないことではあるんですが、Macときれいに高さが合うとより美しかったのになあと思います。

LANポートって意外と高さある

Satechi USB-C PRO ハブ Max 8in2 レビューまとめ

以上、Satechi USB-C PRO ハブ Max 8in2をレビューしました。

M1 Pro / M1 Max MacBook Proの直挿し系ハブで、HDMIやカードリーダーも備えたタイプが欲しいならこれ!って感じですね。

ただ高性能というだけでなく、まるで純正機器のようなMacBookとの美しいコンビネーションもさすがSatechi製品です。

Satechi USB-C PRO ハブ Max 8in2 レビューまとめ
良いところ
残念なところ
  • 貴重な新筐体対応の直挿し系ハブ
  • Mac左側にHDMIを含めた8ポートを拡張できる
  • USB-Cによる映像出力に対応
  • スタイリッシュなデザイン
  • MacBookの筐体と微妙にズレがある

M1 Pro / M1 Max MacBook Proを使っていて、HDMIやカードリーダーを含め複数のポートを拡張したい人におすすめです。

もし気になったらぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる