AirPods

AirPods(エアーポッズ)を購入すべきたったひとつの理由とよくある質問

AirPodsを毎日1年以上使ったので、迷っているなら買って良いと思う理由と、AirPodsに関してよく聞かれる質問に回答します。

AirPodsって実際どうなの?購入すべき?と迷っている方の参考になるはずです。

新型AirPodsの発売はいつ?

新型AirPodsですが、もう来るもう来ると言われつつ、なかなか発表されませんね。

僕もずっと待っているんですが、現在の予想では2019年末〜2020年あたりに新型が登場するのではないか?と言われています。また情報があれば追記します。

一方、ずいぶん前に発表されたものの、いつのまにかひっそりと公式から消されていたAirPodsをワイヤレスで充電可能な「AirPower」が、いよいよ発売間近という噂が立っています。※2019年1月8日追記

AirPodsにまつわるよくある質問を淡々と紹介

AirPodsにまつわるよくある質問

シンプルで魔法のようなワイヤレス。

と、いつものようにApple公式に書いてあります。

魔法かどうかはともかくとして、実際にAirPodsはめちゃくちゃ売れており、BOSEやBeatsなどを抑え、2017年に世界で最も売れたワイヤレスイヤホンです。

2018年においても売れ続けており、Apple WatchやAirPodsを含むウェアラブル製品の売上高が前年に比べ60%伸び、直近1年間の販売額は100億ドル(約1.1兆円)という話です。

いや、どんだけ売れるんだよAirPods

ただ、どんなものにも良い部分と悪い部分があるわけで、そのあたりを含めAirPodsを使っていてよく質問された事をランキング形式で紹介します。

AirPodsよくある質問第1位:音質いい?

Bluetoothイヤホンです。察してください。

特別音質が良いものではないですが、悪くもないです。

「音」を言葉や画像で説明するのは難しいのですが、いわゆる「普通の音」を聴けるという感じです。

iPhoneなどに付属でついてくるイヤホンはEarPodsという名称ですが、そのEarPodsを使っていて音質的な不満がなければ、AirPodsの音質にも不満を持つことはないと思います。

AirPodsよくある質問第2位:遮音性どう?

インナーイヤー型です。察してください。

カナル型イヤホンではないので遮音性が高いものではないです。

具体的にどの程度かというと、これもiPhone付属のEarPodsと同程度だと思ってもらえれば問題ないと思います。

AirPodsよくある質問第3位:音飛びしない?

毎日の通勤退勤時に使ってますがたまに飛びますね。

どのくらいの頻度かというと、もちろん周りの環境により左右されますが、体感的に1週間に1度あるかないかくらいです。

AirPodsよくある質問第4位:なくさない?

使い終わったらすぐケースにしまうので(そうじゃないと充電できないし)、無くした事も無くしそうになった事もないです。

AirPodsはきちんとしまいましょうAirPodsはきちんとしまいましょう

このようにきちんとケースにしまうことがおすすめです。ケースにしまわずそのあたりに放置したり、ポケットに入れたりすると絶対なくすと思います。

AirPodsよくある質問第5位:落とさない?

普段使いで落としそうになったことはないです。

よく聞かれるのが「走っても落ちない?」なんですが、走る習慣がないのでわかりません。

ただ、友人いわくランニングでは落ちないと聞いてます。ちなみに信号を小走りで渡るくらいでは落ちないです。

【意外と落とす?】AirPods(エアーポッズ)の落下防止アクセサリーまとめ走ってもAirPodsを落とさないようにするためのAirPods落下防止アクセサリーをまとめました。これで落下の心配はなくなります。...

 

AirPodsよくある質問第6位:Siri使う?

AirPodsの側面をタップするとSiriが起動して音声でいろいろ操作できる機能があるんですが、それ使ってる?という質問ですね。

はい、もちろん使ってませんよ。

ちなみにタップ時の動作はSiri起動、再生/停止、次の曲/前の曲など動作を変えることができるので、僕の場合は曲送りにして使っています。

【超快適】AirPodsはダブルタップの設定を変えてから使うべきAirPodsは本体をタップすることで様々な動作をさせる事ができます。 人によると思いますが、デフォルトだとちょっと使いづらいので、タ...

周りに大勢人がいる電車内などでSiriと会話できる鉄のハートがある人にとっては多分便利なので、積極的に使ったら良いと思います。

AirPodsよくある質問第7位:電池持つ?

通勤、退勤時の1時間程度使うだけなら数日間充電しなくても余裕で持ちます。音量マックスで24時間ずっと使いたいですとか特殊なケースはどうなるか知りません。

メーカ公表値はこんな感じ。

  • AirPodsと充電ケースの併用:24時間以上の再生時間、最大11時間の連続通話時間
  • AirPods(1回の充電):最大5時間の再生時間、最大2時間の連続通話時間
  • 充電ケースで15分充電:3時間の再生時間、または1時間以上の連続通話時間

若干よくわからないので解説します。
まず、AirPods本体(イヤホン)とそのケースの2つに分けます。

AirPodsとケースAirPodsとケース
  • AirPods本体は満充電で約5時間再生できる。
  • ケースはAirPodsを約5回弱充電することができる。(これが24時間の再生という意味)
  • AirPodsをケースに入れて15分だけ充電すれば3時間の音楽再生が可能

つまり、イヤホン単体で約5時間再生できるわけですが、この電池持ちは、ワイヤレスイヤホンの中ではかなり良いほうだと思います。

あまりに電池が持つので充電を忘れるレベルです。

充電はLightningケーブルで行います。

AirPodsを充電しているところ

このような感じで充電します。

AirPodsの最大の魅力は音質じゃない(現時点では)

よくある質問としてはだいたい上記のような感じです。

音質に関する質問が多いんですが、そこは良くもなく悪くもなくという感じだと思ってください。個人的には満足できてます。

ただ、そもそも音質にこだわりたい場合には、ワイヤレスは検討から外した方がいいですし、プレイヤーもiPhoneではなく、専用のプレイヤーを使ったほうがいいです。

AirPodsの魅力は音質ではなく、デバイスとの連携力や、使用における手軽さです。

それこそが、絶対にAirPodsを買うべきと自信を持って人におすすめできるたったひとつの理由です。

では、そこを詳しく紹介します。

AirPodsはApple製品とのシームレスな連携力と解放感が最高

AirPods

AirPodsを買おうと悩んでいるくらいなので、きっとiPhoneユーザーが多いと思います。もしそうなら最高の環境でAriPodsを使えます

AirPodsはiPhoneを始めとしたApple製品と超シームレスに連携できます

耳につけるだけで瞬時に繋がる

まず、AirPodsをケースから取り出すと自動的に電源が入ります。

耳につけるだけでiPhoneへ接続され、瞬時に繋がります。これだけでもう再生準備完了です。

以降、iPhoneにおいて操作するアプリで音が出るものは、全てAirPodsを通して再生されます。

片方でもAirPodsを外すと再生が一時停止され、再び装着すると自動的に再生が始まり、両方外すと停止します。

※もちろん片耳装着だけで再生させることもできます。

ちょっと音を止めたいって時はよくあると思いますが、そういった時に便利です。プレイヤー側を触って一時停止にする必要はありません。

光学センサーとモーション加速度センサーが、耳への装着を判断しているのですが、付ける・外すなどで制御できるのは便利ですし、未来感あってかっこいいです。

再生中はタップして操作する

AirPodsは側面をダブルタップすると様々な操作が行えるようになっており、Siriの起動、曲送りなどを設定することができます。

また、電話がかかってきた時にもダブルタップで電話に出ることが可能です。

airpods_tap

デバイス間を縦横無尽に繋ぐ

AirPodsは初回使用時にiPhoneと接続設定をする必要があります。

その接続設定ができていれば、同じiCloudにサインインしているデバイスには自動的にAirPodsが設定されます。

そのため、Mac、あるいはiPadなどのデバイス側でAirPodsを選択するだけで、接続デバイスが切り替わり、音はAirPodsを通して再生されます。

更に、iPhoneとApple Watchは同時に接続されるので、2つのデバイス間で自動的に切り替わります。

このAppleデバイスならではの連携が超絶に強力です。聴きたい時に聴きたいデバイスで再生できます。

僕も外出時はiPhoneかApple Watch、PC作業中はMacBook Proで、という感じで切り替えて使ってます。

Apple WatchとAirPodsApple WatchとAirPodsの連携力はすさまじい

もちろん音声通話も可能

どんな時でも電話がかかってくれば、AirPodsをダブルタップして電話に出て、そのまま通話が可能です。

通常の電話はもちろんですが、LINE通話であっても対応可能です。

電波状況にもよりますが、音もクリアでノイズもなく、マイクがしっかりと話している音を拾ってくれ、通話品質も悪くないです。

通話が終わったらダブルタップで電話を切ります。

更に、AirPodsからSiriを起動して「○○に電話」と言えば、自動的に電話をかけてくれます。

充電もスマートに

そして、AirPodsをケースに戻せば電源がOFFになり、自動的に充電が開始されます。

 

どうですかこれ?AirPodsはここまで出来ます。

この連携のすさまじさが非常に強力で、かつ、それがワイヤレスで行えるという解放感が最高です。AirPods最強かよ。

AndroidでもAirPodsを使う
【使い方】AirPodsはAndroidでも余裕で使えるという話AirPodsはiPhoneなどのiOSデバイスだけでなく、Android(アンドロイド)でも余裕で使えます。使い方やおすすめアプリなどを紹介します。...

コードが無いのは本当に楽

今までは有線イヤホンだったのでデバイスごとに付け替えて使っていました。

バッグからイヤホンを出した時に必ず絡まっているあのコード。あの煩わしさは人類共通の悩みだと思います。

そういったものから完全に解放され、あらゆるデバイスとシームレスに連携し、直ちに使用を始められる便利さはもう捨てられないものになりましたね。

ちなみに僕は、AirPodsをリュックやバッグに入れたくない(出すのがめんどくさい)ので、フック(カラビナ)付きのケースに入れてリュックやバッグのどこかに引っ掛けて使ってます。

AirPodsとケースAirPodsとケース

必要になったらさっと使えて、さっとしまえるので便利です。

使っているケースは「AhaStyle」のAirPodsケース。

安いのにしっかりしていて、AirPodsケースが傷だらけになる心配もありません。シリコンで触り心地もいい。

AirPodsとケース
【2019年】AirPods(エアーポッズ)はケースをつけてこそ本領発揮!おすすめケースランキング!AirPodsを使い始めてだいたい1年くらいが経過したんですが、AirPodsは絶対ケースに入れて使ったほうがいいと思います。AirPodsにケースが必要な理由と、圧倒的におすすめなケースをまとめました。...

世界一売れているイヤホンは伊達じゃない

2016年後半くらいからワイヤレスイヤホンがトレンドで、いろいろなメーカーから様々な商品が出ていますが、プロダクトとしての完成度という観点だと、やはりAppleのものはカッコイイですね。

AirPodsをつけている姿は「耳うどん」と揶揄されたりしていますが、最近それすら特に気にならないというか、むしろカッコイイまであると思ってます。

AirPodsを置いている感じも絵になる置いている感じも絵になる

先日ハワイに行った時もAirPods使用率の高さに驚きました。本当にみんなAirPodsだらけなんですよ。

海辺やプールサイドでAirPodsを付けて音楽を楽しむ彼らの姿はやけにかっこよかったです。

AirPodsの優れたポイント
  • ケースから取り出して耳につけるだけですぐに使用できる
  • デバイス間のシームレスな連携力
  • 長時間持つバッテリー
  • Apple製品ならではの品質・スマートさ

これだけの特徴を兼ね備えたイヤホンって、他にそうないですね。

有線の煩わしさから解放され、あらゆるデバイスと瞬時に繋がるスマートな音楽生活が手に入ります。

AirPodsはiPhoneを含むApple製品ユーザーには、一度は体験してもらいたい超絶おすすめなワイヤレスイヤホンです。

さすが、世界一売れているイヤホンは伊達じゃないですよ。

Apple公式:AirPods

【2019年最新】Apple Watch Series4でできること【レビュー】Apple Watchを約2年使ってきたので、そもそもApple Watchって何が出来るんだっけ?何が便利になるんだっけ?ということを解説します。...
ABOUT ME
Koh
ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。 詳細なプロフィールはこちらから