Anker PowerPort III Nano 20Wレビュー:iPhone 12シリーズの充電に最適な極小サイズのUSB充電器

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

現状、Apple Storeで購入できる全てのiPhoneには充電器が付属しません。

そのため自分で用意する必要があるんですが、18〜20Wの充電器にすれば急速充電が可能です。

そこに直撃してハマるのがこの「Anker PowerPort III Nano 20W」。

Anker PowerPort III Nano 20W
Anker PowerPort III Nano 20W

iPhone 12シリーズは急速充電に「20W以上」の充電器が必要です。このAnkerの充電器はジャスト20W。そして、極小サイズ、価格的にも手頃。割と無敵です。

iPhone 8以降であれば急速充電に対応しているため、iPhone 8以降の人におすすめです。

目次

Anker PowerPort III Nano 20Wの特徴

Anker PowerPort III Nano 20W」は20Wの出力を持ったUSB-Cワンポートの充電器。

Anker PowerPort III Nano 20W

世界最小・最軽量って頻繁に入れ替わるのでもはやどうでもいいんですが、20Wクラスだと現時点では世界最小・最軽量じゃないかと思います。

これ以上小さくなると逆に使いづらいんじゃないかというレベルで小さいです。

少し前のiPhoneに付属していた5Wの充電器とほぼほぼ同じサイズ感で、出力は4倍の20Wというからすごい。

Anker PowerPort III Nano 20Wは極小サイズ
ちっさ

余談ですが、Appleデバイスにおいて「20W」って実は結構微妙な数字です。

実は従来のiPhoneは最大18Wあればよかったし、iPadやMacBook Airは30Wクラスが欲しい、MacBook Proなら60W〜という感じなので、18、30、60あたりはよく使う出力でした。

そのため、そもそも20Wクラスを使う必要がなかったわけですが、iPhone 12 / Proシリーズにおいて20Wが必要になり、そこに入り込んだのがこのAnker PowerPort III Nano 20Wです。

Anker PowerPort III Nano 20WはiPhone 12シリーズにちょうどいい
iPhone 12シリーズにちょうどいい

まさにiPhone 12シリーズを待ち構えていたかのような充電器で、プラグが折りたためない以外は、サイズもスペックも文句なしだと思います。

Anker PowerPort III Nano 20Wの外観・サイズ感

Anker PowerPort III Nano 20WはiPhoneの5W充電器とほぼ同じサイズ。

Anker PowerPort III Nano 20WとApple純正5W充電器を上から比較
Anker / Apple 5W
Anker PowerPort III Nano 20WとApple純正5W充電器を正面から比較
Anker / Apple 5W

サイズが一緒で出力は4倍なので、もはや上位互換と言っても差し支えないと思います。

実はAppleからも20W充電器は販売されていて、それと比較すると圧倒的な小ささ。

Anker PowerPort III Nano 20WとApple純正20W充電器を上から比較
Anker / Apple 20W
Anker PowerPort III Nano 20WとApple純正5W充電器を正面から比較
Anker / Apple 20W

さらにAnkerは約1,780円で買えるのに対し、Apple純正20Wは約2,200円します。

もちろん、「純正」には大きな安心感があるのでサイズや価格だけで充電器の価値は決まらないですが、そうは言っても小さくて安いのは嬉しい。

重量は約30g。iPhoneの5W充電器より少し重いかな程度。

Anker PowerPort III Nano 20Wは約30gと軽量

まー、とにかく小さくて軽い。

ガジェットポーチの中でもかさばらないので、これなら毎日の持ち運びも余裕。

ガジェットポーチに入れてもかさばらない
余裕で入る

電源に挿したときの存在感の小ささもすごい。これ両方20Wですからね。

電源に挿したときの存在感の違い
小さいので場所を選ばない

ただまあ、プラグの折りたたみができないのが残念。

Anker PowerPort III Nano 20Wはプラグが折り畳めない
プラグはむき出し

持ち運ぶときには他のものを傷つけないよう若干気を配ってあげたほうがよさそうです。

また、本製品は当初ホワイトカラーのみでしたが、後に3色が追加販売され全4色展開となりました。ラベンダーグレイとかかわいいですね。

Anker PowerPort III Nano 20Wの充電性能

肝心の充電性能も不安なところなく、ちゃんと急速充電できました。

Anker PowerPort III Nano 20WでiPhone 12 Proを充電

電池残量0で起動しなくなったiPhone 12 Proを充電した結果がこちら。

経過時間バッテリー残量
0%
10分20%
20分38%
30分53%
1時間83%

30分で約53%、1時間で8割程度までいくので短い時間で大きくバッテリーを回復できます。

充電中は約16W〜18W程度出てました。

約18Wで充電
8.74V × 2.16A = 約18W

また、この充電器ならiPhone 12 / ProだけでなくiPhone 8以降のiPhoneを急速充電できます。

Anker PowerPort III Nano 20WでiPhone SE 第2世代を充電
iPhone SE 第2世代を急速充電

バッテリー0で起動しなくなったiPhone SE第2世代を充電した結果がこちら。2時間かからずフル充電できるのでかなり速いです。

経過時間バッテリー残量
0%
10分18%
20分36%
30分53%
1時間82%
1時間半96%
1時間53分100%

ちなみに、充電にはUSB-C to Lightningケーブルが必要です。片方がUSB-Cで片方がLightningになったタイプです。

このAnker Nano 20Wとケーブルがセットになったタイプも販売されているので、ケーブルごと買う人はこちらがいいですね。

あとは、この充電器はQuick Chargeという充電規格に対応しているのですが、iPhoneがQuick Chargeに対応していないためAppleユーザーにはあまり関係ありません。

Quick Chargeとは、主にAndroidを中心に普及している急速充電規格。

MagSafeでの使用にも対応している

iPhone 12シリーズから、マグネットで貼り付けて充電する「MagSafe充電」が可能になりました。

MagSafe充電
MagSafe充電

MagSafe充電器は20W以上の電源アダプタを使うことでiPhoneを15Wで充電することが可能です。しかし、20W以上ならどれでもいいわけではありません。

ややこしいので詳細は割愛しますが、「9V/2.22Aに対応」したアダプタを使わないとMagSafeが本領発揮できません。

もっと詳細を知りたければAppleのサポートドキュメントをどうぞ。

この「Anker PowerPort III Nano 20W」は9V/2.22Aに対応しているアダプタです。そのためMagSafe充電器用のアダプタとしても使用可能。

MagSafe充電でも使える

MagSafe充電器に関してはこちらで詳細にレビューしています。

Anker PowerPort III Nano 20Wレビューまとめ

以上、Anker PowerPort III Nano 20Wをレビューしました。

小さい、軽い、そしてiPhoneを最大効率で充電できる今最もアツい充電器です。

ということで、最後に良いところと残念なところをまとめます。

良いところ
残念なところ
  • 20Wとは思えない小ささ
  • iPhone 12シリーズにちょうどいい
  • 安い
  • プラグが折り畳めない

価格も手頃だし、Anker製という安心感もあるし、iPhone用充電器としては最有力候補だと思います。気になったらぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる