【爆速充電】iPhoneを急速充電するために知っておきたい基本的なこと

2020 7/03
【爆速充電】iPhoneを急速充電するために知っておきたい基本的なこと

こんにちはKoh(@misc_log)です。

先日友人からiPhoneを急速充電するためには「何が必要で、どうすればいいのか」と質問されました。

説明してみると確かにいろいろとややこしい前提を踏まえなければならず回答に苦労したので、iPhoneを急速充電するために最低限知っておきたい知識と必要なものをわかりやすくまとめました。

なお、本記事はUSB PD(Power Delivery)を前提としていますが、「USB-PD is 何」という方に向けても、可能な限り話を簡単にして解説します。

前提として、急速充電できるiPhoneは機種が限られておりiPhone 8以降が対象。

  • iPhone 8 / 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XR
  • iPhone XS / XS Max
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro / Pro Max
  • iPhone SE (第2世代) →New!

これらの機種に絞った話になるのでご了承ください。

バッテリーマネジメントがうまくいくともっとiPhoneを楽しめると思うので、バッテリー管理を少しでも楽にするための急速充電について解説します。

目次

iPhoneを急速充電するとはどういうことか

まず、iPhoneを購入すると付属充電器が付いてきますが、この充電器は開封とともに捨てるか、寝室に持っていきましょう。

iPhoneの付属充電器

この付属充電器は、バッテリーが大容量化した最近のiPhoneを充電するには完全にスペック不足です。

iPhone 11 Pro / Pro Maxは付属充電器がパワーアップして18W充電器になりました!歓喜! 

例えば、iPhone 8を付属充電器で充電すると満充電まで3時間以上、iPhone XS Maxだと3時間30分以上かかります。

そのため、付属充電器は一箇所に長時間とどまるであろう場所で使用するのがベスト。

具体的には寝室が最適です。

睡眠時間は人それぞれですが、4時間程度寝るのであれば付属充電器の充電で十分です。

つまり、絶対にその場所から長時間動かないことが確定してる状況であれば、そもそも急速充電は必要ないわけです。

一方で、急速充電は下記のようなシチュエーションで必要になると思います。

  • 寝る時に充電を忘れたので出勤前に充電したい
  • もうすぐ外出なのにバッテリーがない
  • 外出先でバッテリーが切れそう/切れた

などなど、「ゆっくりしてる時間はない、短い時間でなるべくたくさん充電したい」という時に急速充電が活躍します。

急速充電は100%まで爆速なわけではない

意外と知られていない事として、急速充電は0%→100%までを爆速で充電するわけではないです。

急速充電は100%まで爆速なわけではない

リチウムイオン電池が搭載された多くのデジタルデバイスは状態が管理されており、7、80%くらいまでは急速で充電されますが、そこから先の100%までは充電スピードがガタ落ちします。

これをトリクル充電と言って、80%以降はバッテリー保護のためデバイス側で強制的に電流を抑える仕様が組み込まれています。

なので、例えばiPhone Xは急速充電すると30分で50%まで充電することが可能ですが、「じゃあ1時間で100%じゃん」ということにはなりません。

もちろんトータルでみても付属充電器よりはかなり早くなりますが、急速充電とは、最初の1時間くらいがとてつもなく早い。

そのため、寝る前に充電し忘れたiPhoneやiPadを出勤前の10分間だけ充電するとか、これから外出だけど充電してなかったみたいなシチュエーションでめちゃくちゃ活躍します。

iPhoneを急速充電するために必要なもの

では、iPhoneを急速充電するために何が必要なのかについて解説します。

最初に結論ですが必要なものはこちら。

iPhone急速充電に必要なもの
  • USB-C to Lightningケーブル
  • USB PD対応急速充電器
  • iPhone 8以降

ケーブルと充電器は付属のものではダメなので別に購入する必要があります。

iPhone 11 Pro / Pro Maxは付属充電器が18Wにパワーアップし、USB-C to Lightningケーブルも付属されたので付属物だけで急速充電可能になりました。何かを買う必要はありません。

USB PDとは何か、USB-Cとは何かみたいな事を語り始めると長くなるので、誤解を恐れず簡潔に解説します。

「USB PD」のPDとはPower Deliveryの略で、USBを使ってこれまでよりも大きな電力の供給を可能にした規格です。

USB-CとはUSBの規格の一種で、裏表がなく平べったい形状のUSBです。

USB-C
USB-C

MacBookやノートPCによく採用されていますね。最近ではiPad ProがUSB-Cに対応した事で話題になりました。

iPad Pro 2018はUSB-C端子を搭載
iPad Pro 2018はUSB-C端子を搭載

USB PDとはUSB-Cで動作するものですが、USB-CだからといってUSB PDとは限りません。ややこしいですね。まああまり気にしなくていいです。

PD対応した充電器ケーブルiPhoneがあれば急速充電可能と考えてもらって大丈夫です。

USB-C to LightningケーブルはMFI認証を受けたものがいい

ケーブルに関しては少し補足が必要で、iPhone付属のLightningケーブルでは急速充電できないので購入する必要があるのは前述の通り。※iPhone 11 Proは付属ケーブルでOK

急速充電には、片方がUSB-C、片方がLightningになっている「USB-C to Lightningケーブル」が必要です。

で、このケーブルはこれまでApple純正のものを買うしかなかった。

正確に言うと純正以外にもあったんですが、MFI認証を受けたものではなかったんですね。

MFI認証とはMade For iPhoneと言って、要はAppleの審査基準をクリアした製品ですよという事です。

MFI認証マーク

MFI認証がないとどうなるかというと、iOSのアップデートで使用できなくなったり、充電異常を引き起こす可能性があります。

意外と忘れがちですが、リチウムイオンバッテリーって割と危険物ですからね。MFI認証があれば一定の安心感は得られます。

そんなMFI認証ですが、USB-C to Lightningケーブルに対しても許可するとAppleが認めたため、サードパーティメーカーから発表されはじめました。

そして、Ankerから発売されたのがこちら。

USB-C to Lightningケーブル

片方がUSB-Cで片方がLightning。

片方がUSB-Cで片方がLightning

12,000回以上の折り曲げにテストもクリアしており優れた耐久性も持ってます。

もちろんApple純正ケーブルでもいいんですが、いずれにしろこのUSB-C to Lightningケーブルが必要です。

USB PD対応急速充電器

こちらもiPhone 11 Pro以外は別途購入する必要があります。

いろいろな種類があるんですが、その中からおすすめ充電器を少しだけ紹介します。

AUKEY PA-Y19

AUKEY PA-Y19は30Wクラスでは現環境トップクラスに小さいUSB充電器。

AUKEY PA-Y19は手のひらで転がる

このサイズ感は本当にすごい。iPhone付属の5W充電器を少し大きくしたサイズ感で、出力はなんと6倍。

AUKEY PA-Y19とiPhone付属充電器

しかもプラグ折りたたみ式でかさばらない。

AUKEY PA-Y19はプラグ折りたたみ式

恐ろしいほど小型で軽量、そしてハイパワーな次世代充電器でもちろんiPhoneの急速充電も可能。

今最もおすすめな30Wのワンポート充電器です。

Anker PowerPort Speed 1 PD 30

次がこちら、超コスパ充電器。

この充電器は何と言っても低価格が魅力。

Anker PowerPort Speed 1 PD 30
出力:最大30W

サイズが少し大きくなりますが、手のひらサイズで十分小さい。

始めてPD充電器を買うという方でも試しやすいです。

あわせて読みたい
【結論】MacBook ProのUSB-C充電器はAnker PowerPort Speed 1 PD30が最強におすすめ
【結論】MacBook ProのUSB-C充電器はAnker PowerPort Speed 1 PD30が最強におすすめMacBook Proから人類史に残るであろう偉大な発明のひとつであるmagsafeが消滅。加えて、USB-C一択になったことで、持っていたMacBook Pro用アクセサリー類はこの度めで...

RAVPower RP-PB186

モバイルバッテリーにおいてもiPhoneを急速充電可能なものが販売されてます。

このRAVPower RP-PB186を使えば外出先でもiPhoneを急速充電可能。

コンパクトサイズでありながらもiPhone 11/11 Proを約2回、iPhone 8を約4回充電できる大容量。

モバイルバッテリーなら今はこれだろと断言できる優れたアイテムです。

急速充電器の選び方

このように、PD対応した充電器 / モバイルバッテリーであればどれでもいいのですが、購入する場合は出力に注目してみてください。

  • iPhone 8 / 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XR
  • iPhone XS / XS Max
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro / Pro Max
  • iPhone SE (2020) →New!

これら、PDによる急速充電に対応しているiPhoneはだいたい18W程度が上限です。

60W出力の充電器を使えば、60Wで充電できるかというとそうではなく、約18Wで充電されることになります。

そのためあまり大きい出力のものを買ってもiPhoneの急速充電という観点では無意味。高くなるだけです。

逆に18W以下の充電器だと出力が足りず、最大効率を出せないので購入する際は18W〜30W程度を目安にすると良いと思います。

iPhoneは現状18Wが上限!

iPhoneを急速充電してみる

実際にiPhoneを急速充電するとどの程度の時間で充電できるのか参考までに。

使用したものは下記。

iPhoneiPhone XS Max
急速充電器Anker PowerPort Speed 1 PD 30
ケーブルAnker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル

バッテリー残量「1%」の瀕死iPhoneを急速充電します。

充電が1%のiPhone

充電から約5分経過で10%

充電から約5分経過で10%

充電から約10分経過で19%

充電から約10分経過で19%

充電から約20分経過で35%

約20分経過で35%

約30分で52%。半分まで充電完了。

約30分で52%

充電から約1時間で79%

約1時間で79%

もうこの時点で充電スピードは落ち始めていてここから先は長いです。

充電から約1時間50分で97%

約1時間50分で97%

結局100%に到達したのは、充電開始から約2時間6分後でした。

2時間6分で100%

まとめるとこのような感じ。

経過時間バッテリー残量
1%
約10分19%
約20分35%
約30分52%
約1時間79%
約1時間50分97%
約2時間6分100%

100%までは約2時間6分でした。

付属充電器だと3時間以上かかるのでかなり早い結果ですが、やはり爆速なのは1時間経過くらいまでのあたり。

80%〜100%までの充電に、1%〜80%までとだいたい同じくらいの時間がかかっており、80%以降は大幅にスピードが落ちているのがわかると思います。

iPhoneを急速充電するために知っておきたい基本的なことまとめ

最後におさらいすると、急速充電は短い時間で多くのバッテリーを確保することが可能。

ただ、0〜100%間を急速に充電するわけではなく80%程度までが早いというのが急速充電です。

また、iPhoneの急速充電には下記のものが必要。

iPhone急速充電に必要なもの
  • USB-C to Lightningケーブル
  • USB PD対応急速充電器
  • iPhone 8以降

そして、iPhone 11 Pro / Pro Maxは付属充電器とケーブルで急速充電が可能になった。

以上がまとめです。

やはりデジタルデバイスはバッテリーがあってこそなので、急速充電可能な状態を作っておくとバッテリー管理が劇的に楽になり、「充電切れで使えない」という瞬間を減らせるはず。

ということで、ぜひiPhoneの急速充電を試してみてください。

今日は以上です。それではまた。

iPhoneにおすすめな急速充電器

iPhoneはワイヤレス充電も

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。

よく読まれている記事

コメント

コメントする

目次
閉じる