MATECH Sonicharge Flat 65Wレビュー:なにこれ薄い!フラットな形状で携帯性に優れた2ポートUSB充電器

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

さまざまなメーカーからさまざまな充電器が販売されていますが、ひときわ珍しいモデルが登場しました。

それがこの「MATECH Sonicharge Flat 65W」です。MATECHよりサンプルを送ってもらいました。

MATECH Sonicharge Flat 65W

一般的な充電器とは異なり、薄型で平べったい形状をしているため持ち運び性能が抜群。

実はAnkerからも薄型充電器がでていますが30Wと45Wタイプの2種類しかなく、かつ、1ポートなんですよね。

Anker PowerPort Atom III Slim
30WのAnker PowerPort Atom III Slim

MATECH Sonicharge Flat 65Wは最大65Wと高出力で、さらにUSB-CとUSB-Aを1ポートずつ備えた2ポートタイプ。それでいて、Ankerより一回り程度のサイズアップにおさまっている充電器です。(厚みはほぼ同じ)

一回り大きくなるけど出力は2倍

USB-C単体使用だと最大65W、USB-CとAを両方使うと45W+18W出力になります。

  • MacBook Pro 13インチ
  • MacBook AirとiPhoneなど
  • iPadとiPhoneなど

こういったデバイスの充電にちょうどいい充電器。

MATECHは京都のメーカーなので親近感ある存在なんですが、とにかくパッケージがしっかりしているのとUSB-C to USB-Cケーブルが付属するのが素晴らしい。

しっかりしたパッケージ
2mのUSB-Cケーブル(3A)

持ち運びの快適さを優先したい人、自宅であっても薄型形状が使いやすい人なんかに最適な充電器です。

目次

MATECH Sonicharge Flat 65Wは携帯性、使い勝手が抜群!

MATECH Sonicharge Flat 65Wの最大の良いところはこの形状です。厚みが約1.55cmというスリムなフラットデザイン。

約1.55cm!薄い!
約1.55cm!薄い!

カードよりもわずかに幅が狭い。よくフリスクみたいな形状と例えられますが、まさにそんな感じ。

フリスク形状

もちろんプラグは折りたたみ式。出っぱるところがないので扱いやすいです。

プラグ折りたたみ式

重さは約100g。MacBook Pro 13インチに付属する充電器は61Wで約200gなので、出力は同じだけど重さは約半分といった感じ。

約100g
約100g

この形状のポテンシャルが発揮されるのは持ち運び時。例えばガジェットポーチのポケットにすっぽりとおさまっちゃいます。

うーん気持ちいい

これこれ、これなんですよ。充電性能がどうとかいろいろありますが、もう言っちゃうとそんなことよりポケット的なところにおさまる形状とサイズ感が素晴らしい。

充電器は使ってこその充電器ですからね、使おうと思える形状やサイズであることは重要です。

また、もうひとつこの形状が便利なのは壁コンセントを使うとき。こんな感じでおさまりよく使え、ケーブルが下に伸びるので邪魔になりません。

ケーブルがスマート

もし下が埋まっていたら上向きに挿せばこんな感じで使えます。ただちょっとケーブルがだらんとしちゃいますね。

持ち運びのしやすさ、コンセントに下向きに設置したときのスマートさは平べったい形状のメリット。こういったところがこの形状の人気の秘密です。

MATECH Sonicharge Flat 65Wの充電性能

MATECH Sonicharge Flat 65Wは1ポート使用と2ポート使用で出力が変化します。

  • USB-C単独使用:65W
  • USB-A単独使用:18W
  • 両方同時使用:45W+18W

という感じになります。

USB-Cポート単体使用でMacBook Pro 13インチを充電してみた結果がこちら。だいたい53Wくらい出てました。

約53W
約53W

ただホントは、13インチのような60Wクラスを必要とするPCには100Wくらいのを買っておいて、PC+何かを充電できる状態を作るのがベストじゃないかと思ってます。100Wもだいぶ小さくなりましたからね。

MATECH Sonicharge 100W Pro

ただ、MATECH Sonicharge Flat 65Wに関しては平べったい形状というアドバンテージがあるので、持ち運び性能、あるいは、価格を優先するなら良い選択じゃないかと思います。(100Wは結構高いですからね)

持ち運びセット

2ポートをフル活用する組み合わせならMacBook Airと何か、あるいは、iPadと何かですね。

iPad Pro 11インチとiPhone SE 3を同時充電してみました。

結果はこちら。iPad Proには約30Wでてました。

約30W

最大効率なのでこれなら約2時間くらいでフル充電できます。(純正充電器だと約2時間30分)

iPhoneへは約10W。USB-Aでの充電はPDが使えないので18Wは出ませんが、USB-A充電の最大出力は出てます。

約10W

十分な出力が得られるのでこれなら快適な運用が出来ると思います。

まあ個人的にはUSB-C×2のほうが・・・って思う部分も正直ありますが、USB-Aもまだまだ使いますからね、そこは各々の使用デバイスによるという感じでしょうか。

MATECH Sonicharge Flat 65Wの気になるところ

最後に気になるところ、というか、使用上の注意点を紹介して終わります。

この充電器に限ったことじゃないんですが、フラットな形状はメリットも多いんですがデメリットもあります。

一般的な壁コンセントや電源タップではなく、凹んだような形状や斜めになった電源に使いたいときってあるじゃないですか。

例えばこんなやつとか・・。

一般家庭にはあんまりないので適切なイメージを用意できず申し訳ないんですが、こんな感じで窪んた形状だったり特殊な形をしているコンセントってカフェとかにたまにあるじゃないですか?

そういったところだとMATECH Sonicharge Flat 65Wはきっと使えません。つまり、コンセントを選ぶ可能性があります。

平べったいタイプ共通の注意点ですが、そんなこともあると覚えておいてください。

MATECH Sonicharge Flat 65Wレビューまとめ

以上、MATECH Sonicharge Flat 65Wをレビューしました。

平べったい65W、さらに2ポートという貴重な存在のUSB充電器です。USB-C to USB-Cケーブル付きなので、USB-Cタイプのデバイスならこれを買うだけで使い始めることが可能です。

とにかく携帯性が抜群なので、持ち物がシャープになっていくことに喜びを感じる人に最適。ちょっとした隙間にスポっと入りますよ。

良いところ
残念なところ
  • 平べったい形状で携帯性抜群
  • 最大65Wの2ポート
  • コンセントを選ぶ

もし気になったらぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (3件)

  • いつも参考になる情報をありがとうございます。

    窪んだコンセントには・・・・は納得です。
    わたしも苦労することがあり10cmの延長コードを持ち歩いています。

    で、思い出したのですがこの充電器などのプラグの金属の差し込み部分が90度しか動かないモノが多いような気がします。
    ガラケーの充電器は収納状態から90度、180度まで開くモノが多く
    混み合った多数口のコンセントでも垂直にさせて便利だったのですが。

    今回紹介された充電器もプラグの金属の回転軸が先端部分にあったら
    180度まで開けてより便利だったのにとちょっと残念でした。
    ANKERの充電器も90度までが多い気がするので
    強度の問題とかあるのかも知れませんが。

    これからも記事楽しみにしております。

  • コメントありがとうございます!励みになります。

    ガラケー充電器については思わず膝を叩く思いでした。確かにそうでした、180度曲がるタイプでしたね!
    強度の問題はありそうですが、この形状で180度曲がるタイプが出たらより便利ですね。

    ぜひまた読みに来てもらえると嬉しいです。

  • オガワコウさんのブログは商品を持った手や今回のようにコンセントに刺さった状態など
    大きさが把握しやすいですし
    なにより書き手の視線が感じられるように思います。
    そして気に入った品には書き手の熱意が感じられるところがいいなと思っています。

    ※RSSアプリに登録してほぼリアルタイムに読ませていただいています。

    再コメント失礼いたしました。

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる