Satechi Type-C アルミニウム Proハブ レビュー:ケーブルレスでスマートな最強USB-Cハブ

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

MacBook ProやAirを使うにあたりまず用意したいUSB-Cハブ。ハブがあれば様々な周辺機器をMacに接続できます。

せっかくハブを使うなら性能はもちろん見た目もカッコいいものが理想的。それを叶える製品といえばこれ。

Satechi Type-C アルミニウム Proハブ

MacBook Pro/Airに直挿しするタイプの人気USB-CハブSatechi Type-C アルミニウム Proハブです。この記事でどんなものなのか詳しくレビューします。

機能的なだけでなくデザイン性の高いハブを探している人はぜひ参考にしてください。

ちなみに、MacBookに直挿しするタイプであるため適合しないと言いますか、使用上注意が必要なMacBookが存在します。

これらのMacでも使うことは可能ですが下記の写真のようにMagSafeを潰しちゃいます。そこはご注意ください。

MagSafeを潰しちゃう
M1 Pro / Max MacBook Proに装着
M2 MacBook Airに装着
目次

Satechi Type-C アルミニウム Proハブの特徴

優れた機能とデザインで人気のSatechiから販売されているMacBook Pro/Air用USB-Cハブ。

まずは、どんな製品なのかざっと特徴を紹介します。

豊富な7ポートを搭載

MacBook Pro / AirのUSB-Cポートを「2つ」使用して接続する2個挿しタイプのUSB-Cハブ。

MacBook Pro / AirのUSB-Cポートを「2つ」使用して接続する2個挿しタイプのUSB-Cハブ。
美しい

対応しているのは2016年以降のMacBook Proと2018年以降のMacBook Air。USB-Cポートがあるモデルです。

備えているポートは全部で7つ。

USB-A 3.02ポート
USB-CThunderbolt 3 × 1
非Thunderbolt 3 × 1
HDMI1ポート
(最大4k@30Hz)
SDカード1ポート
MicroSDカード1ポート
有線LAN×

Thunderbolt 3をそのままパススルーできるポートを備えているのが特徴的。

4Kモニターを60Hzで映像出力できるのはもちろん5Kモニターへも出力可能。さらにデータ転送も超高速最大40Gbps。加えて、MacBook Pro/Airを最大87Wで充電可能です。

Thunderboltはモニター出力可能ですが充電用ポートも兼ねているためどちらかとなります。

他にもUSB-Aポートが2つ、HDMI、SDカードなどなど、主要なポートは網羅してます。自宅・オフィス・外出先など、どのシーンでも活用できるアイテム。

有線LANはないので有線がほしければこちらがおすすめ。ほぼ同じ仕様で有線LAN付きです。

機能とデザインを兼ね備えたハブ

Satechiと言えば機能だけでなくデザイン性の高さが優れた特徴。僕は様々なUSB-Cハブを持ってますが、「使用時の美しさ」という点だとこのハブが最強。

Satechi
スタイリッシュ

ケーブルがなく直挿しするタイプなので見た目がスッキリ。

質感がMacBookにとてもマッチするので「純正アクセサリーかな?」と思うほど。

今回紹介しているのはスペースグレイですが、他にもシルバー、ゴールドの全3色展開。MacBookとカラーを合わせるとよりマッチします。

このハブは基本的にMacBookの左側につけることが想定されおり、端子が右側を向いている状態が「表」です。

Satechi Type-C アルミニウム Proハブを左側に接続する想定のUSB-Cハブ
端子が右を向いてるのが表

右側にもUSB-Cポートを持つ一部のMacBook Proでも使用は可能ですが、右側につけると各種認証の仕様表示があるため若干印象が変わります。

反対側はロゴなどがたくさん
反対側はロゴなどがたくさん

機能的にはどちら側に接続しても変わりません。しかしMac右側だとイヤホンジャックを潰しちゃいます。右側使用を検討している人は注意してください。

Mac右側に接続するとイヤホンジャックが使用できなくなる
Mac右側だとイヤホンジャックを潰す

というわけで、特別な理由がなければMacBookの左側につけるのがスタイリッシュ。

左側がベスト!
左側がベスト!

重量は約40g。ガジェットポーチに入れての持ち運びも余裕。

Satechi Type-C アルミニウム Proハブは40gと軽い

長さは約11cm程度。かさばらない・・とは言い切れない長さではありますが備えているポートにしてはコンパクト。

Satechi Type-C アルミニウム Proハブを手のひらに乗せた時のサイズ感

サイズ感といい、見た目といい、MacBookとの一体感がとても美しい。使うテンションを超絶上げてくれるUSB-Cハブです。

Satechi Type-C アルミニウム Proハブの機能・ポート

Satechi Type-C アルミニウム Proハブ」のポート構成は画像の通り。

Satechi Type-C アルミニウム Proハブの機能・ポート

HDMIの場所がわかりづらいですが、ハブの上部に独立して接続できるようになってます。

Satechi Type-C アルミニウム ProハブのHDMIは上部に
HDMIは上部に

各ポートの主な使用用途をまとめてみました。

スクロールできます
ポート主な使用用途
Thunderbolt 3最大5K、または4K@60Hzのビデオ出力、87Wパススルー充電、40Gb/sの高速データ転送など
USB-A(3.0) × 2USBメモリ、外付けHDDなど様々な周辺機器との接続、充電など
USB-C最大5GB/sのデータ転送など
カードリーダーMicroSDやSDカードから最大104MB/sのデータ転送
HDMI1080P@60Hz、4K@30Hzのビデオ出力など
Satechi Type-C アルミニウム Proハブの全ポートに接続

ひとつひとつのポートを簡単にみていきます。

USB-Cポート

USB-Cポートは2箇所ありますが上部側にあるのがThunderbolt 3をパススルーできるポート。

Satechi Type-C アルミニウム ProハブのUSB-Cポート

MacBook Proに最大87W充電、5Kまたは4K@60Hzのビデオ出力、40Gb/sの高速データ転送も可能な最強ポートです。

もうひとつのUSB-Cポートは最大5GB/sでのデータ転送が可能で、何らかのストレージ的なものとのデータ転送に使えます。

USB-Aポート

USB-Aポートは2つ。どちらもUSB3.0なので最大5Gbpsでデータ転送可能です。

iPhoneや外付けストレージとのデータのやりとりなど、まだまだ現役のUSB-A機器を接続できます。

基本的にはデータ転送用ポートとなるのでデバイスの充電には不向き。とはいえ、微弱な電力は流れているためAirPodsやApple Watchなどの小型デバイスを充電することは可能です。

SDカードリーダー

あとはSD/Microカードリーダーもついてます。

もちろん正常に動作するんですが、使用するときの「向き」に注意が必要。

前述の通り、このハブはMacBookの左側接続を想定されたものですが、それだとカードの向きを「裏側」にしないと挿せません。

Satechi Type-C アルミニウム Proハブのカードリーダー
カードを裏向きにしないと入らない

なんでこうなってるのかわかりません。他のハブでもこうなってるものがあったので、そういうものなんでしょうきっと。

HDMIポート

HDMIは独立して上部に接続できるようになっており、その他ケーブルとわちゃわちゃせず接続できます。

Satechi Type-C アルミニウム ProハブのHDMIポート

何らかのポートとポートの間にHDMIがあったりすると隣に干渉することがありますが、このハブならそういったこととは無縁。気兼ねなく使えます。

Satechi Type-C アルミニウム Proハブの残念なところ

最後にこのSatechi Type-C アルミニウム Proハブの残念なところを2つ紹介して終わります。

Thunderbolt 3対応ポートが実質充電のみになる

前述の通りこのハブにはUSB-Cポートが2つあり、片方がThunderbolt対応ポートです。画像を再掲します。

Thunderbolt 3対応ポートが実質充電のみになる

このThunderbolt対応ポートは4K60Hzモニターや最大40Gbpsの高速データ転送に対応しています。しかし、MacBookへの給電もこのポートからしかできません。

このハブはMacBook Pro / AirのUSB-Cポートを「2つ」使用して接続する2個挿しタイプなので、MacBook側のポートを全部埋めちゃいます。

もうおわかりかと思うのですが、ハブ側のUSB-Cポートがモニター出力や高速データ転送に対応していても、そのポートでしか充電ができない以上、実質的に充電専用ポートになってしまうわけですね。

左右にUSB-CポートのあるMacBook Proならともかく、片側にしかないMacBook Pro / Airで使う場合はそのことを把握しておく方がいいでしょう。

ケーブル抜き差し時は注意しながら

このハブというより、直差しタイプ共通の残念なところ(というか、注意点)なんですが、ケーブル類の抜き差しをする際は「ハブ」をしっかり持たないとハブごとMacから抜けます。

Satechi Type-C アルミニウム Proハブの使用上の注意点1
ハブをしっかり持って抜き差しする

それでも構わないときなら良いんですが、データ転送中に意図せずハブが抜けると大変なことになるかもしれません。データ転送中は触らないほうが無難です。

あと、ハブに対し無理な力をかけないこと。

MacBookに直挿ししているため、無理な力をかけるとハブだけでなくMac側の端子をどうにかしてしまうかもしれないので注意が必要。

Satechi Type-C アルミニウム Proハブの使用上の注意点2
こういう持ち方はしないこと

直差しタイプは全部そうですが使用時は丁寧に扱いましょう。

その他の選択肢は?

やっぱりケーブル付きタイプのハブも検討したい」と思った人にはSatechi V2 マルチ USB Type-Cハブというケーブル付きタイプもあります。こちらも人気のハブ。

MacBook Proと相性抜群

詳細レビューもしてますので合わせてどうぞ。

また、他にもMacBook Pro / AirのおすすめUSB-Cハブをこちらでまとめています。他になんかいいのないかな?という人はぜひご覧ください。

Satechi Type-C アルミニウム Proハブ レビューまとめ

以上、Satechi Type-C アルミニウム Proハブをレビューしました。

豊富なポートと使い勝手の良さ。加えて高いデザイン性を持った優れたUSB-Cハブです。

Satechi Type-C アルミニウム Proハブ レビューまとめ

安くないアイテムですが、機能だけでなくMacBook Pro/Airとのデザイン的な統一感も楽しみたい人におすすめ。

気になった方はぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる