PITAKA iPhone 13 Pro用Air Caseレビュー:どこまでも薄く、軽い。ミニマルなiPhoneケース

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

人気のPITAKAのiPhoneケース、実は複数種類があることをご存知でしょうか。

おそらく多くの人が知っているのはMagEZ Case 2というシリーズじゃないかと思います。そこに加え、実はAir Caseというシリーズが存在します。

このAir Caseはその名の通り、空気のように軽く、そして薄さを追求したiPhoneケース。

PITAKA iPhone 13 Pro用Air Case

できる限りオリジナルのフォルムを感じながらiPhoneを使いたい人にとってたまらないケースになってます。

今回、PITAKAよりサンプルを送ってもらったので詳細や使用感をレビューします。

MagEZ Case 2との比較や、どっちを選ぶべきか?という観点も含めてレビューしてるので、ケース選びに迷っている人の参考になれば。

記事ではiPhone 13 Proを使っていますが、iPhone 13、13 mini、13 Pro Maxの展開もあります。

目次

iPhone 13 Pro用PITAKA Air Caseの特徴

PITAKA Air CaseはPITAKAから販売されているiPhoneケースシリーズのひとつ。

iPhone 13 Pro用PITAKA Air Caseの外箱

このケース最大の特徴はとにかく薄いこと、そして軽いこと。

PITAKAのiPhoneケースは、航空機や防弾ベストなどにも使われる強靭な素材である「アラミド繊維」で作られています。このアラミド繊維は頑丈なのに薄くて軽量という優れた素材。

このAir Caseは薄さと軽さを究極まで追求し、0.55mmという薄さ、そして重さわずか8.6gのボディを実現。

薄くて軽い!

PITAKAの人気シリーズ「MagEZ Case 2」は1.4mm、23g。使ったことのある人は共感してもらえると思うんですが、これでも十分すぎるほどに軽くて薄いです。

 PITAKA MagEZ Case 2
PITAKA MagEZ Case 2

そこからさらに約60%薄くて軽い。つまり、MagEZ Case 2の約3分の1しかないのがこのAir Case。すごくないですかこれ。

しかし、MagEZ Case 2とはもちろん違いもあって、Air Caseはマグネットが内蔵されていません。つまり、MagSafe、そしてPITAKA独自のマグネットシステム「Pita!Flow」には正式対応していません。

「正式対応」という微妙な表現をしているのは、実は使えなくないから。僕はiPhone 12 ProでもAir Caseを使っていたのでわかるんですがMagSafeはまあ使えなくはありません。詳しくは後述します。

MagEZ Case 2との違いを一覧にするとこちら。

スクロールできます
Air CaseMagEZ Case 2
薄さ0.55mm1.4mm
重量iPhone 13 mini:7.1g
iPhone 13:8.5g
iPhone 13 Pro:8.6g
13 Pro Max:10.6g
iPhone 13 mini: 18.7g
iPhone 13: 21.7g
iPhone 13 Pro: 22.6g
13 Pro Max: 25.6g
素材アラミド600Dアラミド1500D
マグネット非対応内蔵
価格約6,499円約6,499円

薄さと重量、そしてマグネット内蔵有無に関しては前述の通りですが、素材もアラミド600Dと1500Dといった違いがあります。600Dの方がよりきめ細かい織り加工された素材。軽く薄くするために素材を変えているようです。

極限まで薄いケースを使うことでiPhoneのフォルムをできる限り変えたくない、iPhoneを感じていたい!という人はAir Case。

MagSafeを含めたマグネットシステムをガッツリ使いこなしたいならMagEZ Case 2という使い分けが良いと思います。

裸のiPhone感!
裸のiPhone感!

とはいえ、繰り返しになりますがAir CaseでもMagSafeが使えないわけではないため、どの程度MagSafeが機能するか?なども含めてより詳細にAir Caseを紹介します。

iPhone 13 Pro用PITAKA Air Caseの外観・デザイン

PITAKAのケースデザインはアラミド繊維特有のしま模様「ツイル柄」が特徴的。高級感と重厚感にあふれる見た目。

iPhone 13 Pro用PITAKA Air Caseの外観

内部もツイル柄で統一されてます。

内部もツイル柄で統一

iPhoneの装着はカメラ側からはめるだけ。

iPhoneの装着はカメラ側から

装着はしたものの前から見る分にはケースをつけているかどうかわからないほど存在感がない。

存在感が薄い
これでもケースつけてます

背面はこちら。

下部にシンプルなロゴ

カメラリングが持ち上がっておりレンズもしっかり保護。

カメラレンズを保護

MagEZ Case 2と同じようにボタン類やスピーカー部などはむき出しのタイプ。

ボタン部はむき出し
下部もむき出し

ここは好みが分かれるところ。iPhoneがチラ見えすると言えば聴こえはいいですが「単純にケースとして不安」という人も多いと思います。

上部も開いている
上部も開いている

ただ、仮にもしiPhoneを落下させると重心的に「角」から行く確率が高いです。そのため、基本的に角が守られていれば防御できる可能性は高い。まあ、ある程度は安心しても大丈夫だと思います。

保護力という意味でもうひとつトピックとしては、前面の持ち上がりがあまりないのでガラスフィルムは付けておくほうが安心だと思います。

僕のiPhone 13 ProはNIMASOのガラスフィルムを貼り付けた状態ですが、これでだいたい高さが同じくらい。

ガラスフィルムは付けたほうが良い
ガラスフィルムは付けたほうが良い

一般的なケースだともう少し持ち上がりがあるんですが、薄さと軽量さのために余分なところはカットされてます。

しかし、その分この装着感はまさにAir。めちゃくちゃに軽い。というわけで、次に使用感を紹介していきます。

iPhone 13 Pro用PITAKA Air Caseの使用感

まずやはり持ったときの感覚がすごい。ほぼ裸のiPhoneを触ってる感。

裸のiPhoneみたい
薄っ!

この手に馴染む感覚は他のケースではそうそう感じられないですね。参考までにApple純正レザーケースと比較すると約2mmの差があります。ケースの2mmは大きな差。

約73.1mm
Air Caseは約73.1mm
約75.1mm
純正レザーは約75.1mm

そして次に軽さ。iPhone 13 Pro自体が200g超えスマホなのでそもそも軽くはないんですが、必要以上に重くすることがないのがいいところ。込み込みで約222g。

Air Case + ガラスフィルム + 本体
Air Case + ガラスフィルム + 本体

純正ケース系だとガラスフィルム込みで240g程度にはなってくるので20g近く軽いのはさすがAir Case。

そして、このスタイリッシュな見た目もやっぱりテンションあがります。

もちろん好みはあると思いますが、この高級感はぶっ刺さる人も多いはず。

MagSafeは実際どう?

Air Caseは前述の通りマグネットが内蔵されていないためMagSafeに正式には対応してません。しかし、薄すぎて使えなくはないみたいな状態です。

というわけで、実際にいろいろなものをつけてみました。

スタンド型のMagSafeマウント(充電器)

僕は純正のMagSafe充電器をマウントするNOMADのスタンドを使ってます。それを使っての充電は全然問題なし。

スタンド型のMagSafeマウント(充電器)

このようなスタンドタイプは磁力で貼り付いて浮いたような状態になるため、ある程度きちんと吸着しないとズリ落ちてきます。しかし、落ちてくることもなくしっかりくっついて充電できてます。

ただ、外そうとするとするりと外れちゃいます。通常はもっと反発があるので、これはやはり吸着力の弱さ。

簡単に外れちゃう

ちなみに、人気のBelkin 3 in 1のようなタイプでも充電には全然問題ありませんでした。

コレも大丈夫

というわけで、フローティングするようなスタンドタイプのMagSafe充電でも大丈夫ですね。磁力自体は弱いですが充電行為に影響することはなさそうです。

MagSafeモバイルバッテリー

MagSafe対応のモバイルバッテリーの中から、AnkerBelkin、Apple純正ととりあえず3つ試してみました。

MagSafeモバイルバッテリー

結論を言うと大丈夫。使えます。使えますが、どれも共通してモバイルバッテリーを持って振ると外れます。

持ち上がりはする
持ち上がりはする

そのため、持つときはモバイルバッテリーごとしっかり握ってないと不安。

まあ普段の運用でもモバイルバッテリーだけを持って浮かすようなことはしないですが、なんか気持ち的に不安です。

そういう意味では使えなくはないものの不安は抱えるという感じ。

ウォレット系

MOFT純正レザーウォレットなどのカードを収める系ですが、これはダメですね。使えないと思っているべきです。

Apple純正レザーウォレットを装着
一見付いたように見える

もちろんくっつかなくはないんですが簡単に外れてしまうのでかなり恐怖。

ちょっと力をかけると外れちゃう
ちょっと力をかけると外れちゃう

相当な緊張感と覚悟を持って使うなら別に良いと思いますが、普通に考えたらやめておくほうが無難です。きっと失くします。

というわけでMagSafeの使い勝手を総合的にまとめます。

MagSafe充電器やや磁力は弱いが普通に使える。充電器によっては使えないものもあるかも
モバイルバッテリー使えるけどやや不安。しっかり持っていられる状況や動かさない状況でならいいかも
ウォレット系使うのはやめておくほうが無難

MagSafe充電器を使った充電は可能だけどそれ以外はちょっと怪しい。ウォレット系に関しては使用はしないほうが良さそうという感じでしょうか。

MagEZ Case 2との違いは?

MagEZ Case 2か?Air Caseか?で迷う人は少なくないと思いますが、決め手となるのはやはりMagSafeをどれだけ使うかですかね。

MagEZ Case 2はMagSafe用に内蔵マグネットが入ってます。この磁力は半端じゃありません。

純正レザーウォレット
強力に貼り付いている

モバイルバッテリーを持って上下に振っても大丈夫。

振っても大丈夫

MagEZ Case 2の磁力はめちゃくちゃ強い。Apple純正ケースより強いと感じることさえあります。この安定感はマグネットが内蔵されたケースならでは。しかし、その分重くはなります。

一方のAir Caseは前述の通りMagSafeを限定的にしか使えないものの薄いし軽い。このあたりをどう感じるかですね。

Air Caseは軽いのがいいところ
Air Caseは軽いのがいいところ

加えて、違いという意味では実は微妙にケースデザインが違います。MagEZ Case 2とは加工が異なるため模様の細かさに差があります。Air Caseの方が細かい。

左:Air Case 右:MagEZ Case 2
左:Air Case 右:MagEZ Case 2

まあでも、この見た目の部分はそこまで選択に影響は与えないと思います。やはりMagSafeをどれだけ使うかが選ぶポイントじゃないですかね。

MagSafe使う?

逆に、そもそもMagSafeってそんな使ってません。しばらく使う予定もありませんというならMagEZ Case 2を使う理由はあまりないです。

MagSafeを使わないのならAir Caseのほうが薄いし軽いしメリットは大きいはず。

また、MagSafeは使うけど充電くらいにしか使わないという人もAir Caseで良さそうですね。もちろん充電器によってはNGなものが出てくる可能性はありますが基本大丈夫だと思います。

というわけで、

Air Caseがおすすめな人
  • MagSafeを使わない人、使う予定もない人
  • MagSafeを充電くらいにしか使わない人
  • 何はなくともとにかく薄くて軽いほうがいい人

上記の人はAir Caseを選ぶほうがメリットは大きいと思います。逆にMagSafeをガンガン使ってますというならMagEZ Case 2にするべきです。

MagEZ Case 2の詳細レビューも合わせてどうぞ。

iPhone 13 Pro用PITAKA Air Caseレビューまとめ

以上、iPhone 13 Pro用PITAKA Air Caseをレビューしました。

やはり薄さと軽さ。軽さこそ正義という人におすすめなiPhoneケースです。最低限の保護をしながら裸のままに近いiPhoneを楽しむことができます。

薄さと軽さを優先したい人はぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる