【レビュー】多機能スマホスタンドMOFT Xを1週間使ったらいろいろ感じることがあった話

2020 1/23
【レビュー】多機能スマホスタンドMOFT Xを1週間使ったらいろいろ感じることがあった話

こんにちはKoh(@misc_log)です。

話題になった世界最薄の多機能スマホスタンド「MOFT X」ですが、僕のところに到着し早数週間。

実はしばらく放置してしまい記憶から消えそうだったんですが、幸いにもギリギリのところで思い出すことができたので1週間ガッツリ使ってみました。

薄型で主張しない存在感、シンプルな見た目、縦横のスマホスタンドにもなり、スマホリングのようにも使えるということで話題を集めたMOFT X。

確かに優秀なスタンドだなと思う一方、個人的には気になるところもありました。

ということで、気になる点含めMOFT Xの使用感をレビューしたいと思います。

目次

多機能スマホスタンド「MOFT X」の特徴

クラウンドファンディングの「makuake」で目標の10,000%を達成したMOFT Xですが、すでに製品化されAmazonでも購入できるようになってます。

多機能スマホスタンド「MOFT X」

大きな特徴は、薄いシート状のものがスマホスタンドにもスマホホルダーにもなるという多機能さ。

MOFTという評判の良いPCスタンドがあったんですが、それのスマホ・タブレット版という扱いです。

このように見た目はただのシート的なもの。

ただのシートにしか見えないMOFT X

このシートを粘着シールで、スマホの背面に貼り付けて使います。

背面に粘着シール
背面には粘着シールが

この粘着シールは何度も貼り直せるので、失敗を恐れずガッツリやって大丈夫。

粘着シールは500回以上貼り直しが可能。

Pixel 4 × MOFT X
Pixel 4 × MOFT X

僕はPixel 4のケースの上から貼り付けました。

このようにケースの上からでも良いし、本体直接でも貼り付けることができます。

本体直接の場合は、背面ガラス端末だと剥がれやすいので間に噛ませるフィルムが付属してます。

ということで、使用感を交えながらざっと出来ることを紹介します。

縦置きも横置きも可能なスマホスタンド

この薄いシートを持ち上げるだけで、あっという間にスマホスタンドに変化。

画像

さらに、横にすればあっという間に横置きスタンド。

MOFT Xは横置きスタンドにも
横置きでもしっかりと支えられる

背面にマグネットがついていて、持ち上げた状態でシートの一部がピタッとくっつくので、スタンド形状になります。

スマホに仰々しい物体をつけなくても、こんなに薄いシートが一瞬にしてスタンドになるのはとても優れたポイント。

MOFT Xは超薄い
通常時はこの薄さ。

通常時はかさばらず、いつでもどこでも気軽に縦横問わずスタンドにできるのはすごい。

ただし、角度が変えられない。

人間工学的に最も合理的とされる60度になっているらしいですが、正直これは好みがあるかと。

もっと浅い角度が良かったとか、急な角度が良かったとか言うより、角度が変えられるようになってれば良かったとは思いますが、個人的には角度に対して不満はないです。

人間工学に適した60度
人間工学に適した60度

ただまあ、あまりにも自分から近いところに置いて使うと急すぎるかもしれない。

縦でも横でも、自分からある程度距離をとって使うものな気がします。

画像
Google Nest Hubと同じくらいの角度

角度が変えられないというのはスタンドとして弱点だと思いますが、通常時が非常に薄くて便利なのでトレードオフかなという感じ。

指を通せばスマホホルダーにもなる

このスタンド部分に指を通せばスマホホルダーにもなるという優れもの。

MOFT Xはスマホホルダーにもなる

落下の可能性を下げながら、スマホの使い勝手を大きく向上させることができます。

スマホリングの振る舞いと同じですが、一般的なスマホリングには、スマホ背面がゴツゴツするという弱点があります。

MOFT Xはその弱点を潰してます。

スマホリングはゴツゴツする
背面がゴツゴツするのがリングの弱点

通常時は薄く凹凸がなく、起こすとリングのように振る舞うことができる。

MOFT Xは薄くてスマート

このように引っかかるところがないので、見た目もスマート。

さらに、スマホをどこかに置くときに水平になるのが嬉しい。

MOFT Xは水平になる

ただ、一般的なスマホリングと違って細かい位置調整ができないのは残念。

MOFT Xは貼り付け位置を多少上下にはできるものの、調整できる幅が少ないため位置はほぼ固定になってしまう。

極端に端っこにリングをつけるのがベストポジションだという人もいるので、そういう人にとっては使いづらいかもしれない。

カードを入れることができる

MOFT Xにはポケットのような隙間があって、そこにクレジットカードなどを入れることができます。

MOFT Xはカードを入れることができる

財布を持たずにうんぬん的なキャッシュレスなアレです。

また、このポケットはスキミング防止機能がついているので、カードを不正利用から守ることが可能。

ただ、公称値では3枚程度入るとありますが、3枚入れるとパンパン。ものによるとは思いますが入れても2枚ですね。

ちなみに、試せてないのでわかりませんが、MOFT Xを貼り付ける位置や端末によってはNFCが潰れるとかなんとかってコメントを見かけました。試したら追記します。

いずれにしろ、カードが入ることを便利に感じるかどうかは人によりけりだと思います。

個人的にはそもそもサイフが小さいのでカードはそこに入れて持ち歩くほうが何かと便利。SuicaはApple Watchなので物理カードを持ってない。

ということで、僕の場合は決済系カード入れとしての出番はないかなと。

ただ、名刺を入れておくのが便利かなと思いましたね。

名刺を入れておくのがおすすめ
名刺を入れておくと良さそう

ご挨拶時に名刺が切れてたという状況はあるあるですが、数枚入れておけば対応できるので重宝しそう。

多機能スマホスタンド「MOFT X」の気になったところ

大まかにこの3点が主な機能となるわけですが、使っているなかで個人的にはいくつか気になる点がありました。

最初に言っておくとスタンド機能に不満は特にないです。

角度さえ自分に合えばスタンドとしてはかなり優秀。持ち運び時は薄くて軽量、必要なときにスタンドになるというのは素晴らしい。

若干気になるのは、スタンドを起こすときに引っかかりがなくて手間取ることがあるくらい。

起こすのに手間取る
引っかかりが悪い

慣れないとと片手で起こすのは難しいかも。

まあ、これはいいんです、そこまで気にならなかった。

スマホリングとして使うときはスタンド型にしないほうがいい

僕が気になったのはスマホリングとしての使い方。

スマホリングとして使うときは、背面のマグネットを「外した」状態で使うほうがいいです。

makuakeの商品説明には、このようにスタンド状態にしたものをそのまま持つという感じで説明がされていました。

MOFT Xのスタンドの穴に指を通すイメージ
スタンドの穴に指を通すイメージ

しかし、このように使うのではなく、マグネットを外してスタンド状態を崩して使うほうがいい。

▼このようにマグネットを外して広げた状態で指を通して使う。

マグネットは外したほうが良い

これ、何でかと言うとマグネットが意図せずいきなり外れるからです。

通した指を起点に画面上部に指を伸ばそうとすると、マグネット部分を外すような形で力がかかってしまう場合があって、いきなりスタンドのマグネットが外れます。

マグネットが突如外れる
不意にマグネットが外れる

これ、かなりヒヤッとします。

そのため、あらかじめマグネットを外した状態で使う方が安心できるんですが、スマホリングの使い勝手とは結構変わりますね。

指を通す空間が広すぎて、スマホリングほどホールド感がないというかなんというか・・。

空間が広すぎて指が動く
空間が広すぎて指が動く

指が一本しか通らないスマホリングと違って、この空間で指が結構動いちゃうんですよね。

スマホリングを想定していると、使い勝手はイメージと違うと思います。

ただ、商品説明にはスマホホルダーと書いてあり、リングとは言ってないんですよね。まあ確かにどう見てもリングではない。

そういう意味では、その通り「ホルダー」であって「リング」ではない。

個人的には薄くなるスマホリングくらいに考えていたので、そうではないなと感じましたね。

ワイヤレス充電依存を克服できない

あとは、とても個人的な問題なのですが、ワイヤレス充電を諦められませんでした。

MOFT Xの販売ページにしっかり書いてあるんですが、MOFT Xはワイヤレス充電非対応。

MOFT Xはワイヤレス充電はできない
無反応

わかってて買ってるのでそれはいい。

それ以外のメリットがワイヤレス充電できないデメリットを上回れば問題ないと思ってたんですよね。

でもやっぱりワイヤレスを捨てられなかった・・。

僕はデスクに長時間いることが多いのですが、席を立つときは必ずスマホをもって歩くので、ケーブルを抜いたり挿したりが面倒くさすぎた。

ワイヤレスを捨てる覚悟をしっかりと決めるか、ワイヤレスを使わないという場合に検討したほうが良いと思います。

多機能スマホスタンド「MOFT X」レビューまとめ

スマホスタンド、スマホリング、カードホルダーなど多くの機能を持っていながら、スマホの形状を大きく変えずスタイリッシュでシンプルな見た目をあわせ持つ優れたアイテム。

ただ、どんなものにも良いところと悪いところがあるもので、スタンドとしての角度、スマホリングとしての位置や使い勝手については、人によってはいろいろ感じるかもしれない。

スタンドとしてそんなにハードに使わないし動画さえ見やすければ良いという人や、とにかくスマホリングの見た目が許せないという人に最適だと思います。

多機能スマホスタンド「MOFT X」レビューまとめ
動画閲覧機として良い

それから、僕はタブレット版は出資しなかったんですが、タブレット版かなり良さそうだなと思ってます。

タブレット版

角度は変えられるし、リングではなくホルダーくらいがちょうどいいし、そもそもワイヤレス充電できないし。

もしタブレット版を買ったら改めてレビューしたいと思います。

ということで、気になったらぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

画像
多機能スマホスタンドMOFT X
シンプルな見た目と多機能さは良い
薄くて軽量なのにスタンドとしてホルダーとして使える多機能さと、アイデアが素晴らしい。ただし、スタンド角度やスマホホルダーとしての使い勝手は人によっては不便と感じるかもしれない。
機能
7
デザイン
8.5
価格
7
Good
シンプルなデザイン
スタンドとホルダー
カードも入る
Bad
角度が変えられない
スマホリングと使用感は違う
7.5
満足度
あわせて読みたい
【2020年】スマホリング・バンカーリングのおすすめ4選【厳選】
【2020年】スマホリング・バンカーリングのおすすめ4選【厳選】こんにちはKoh(@misc_log)です。僕は完全にスマホリングに依存していて、ここ数年スマホリングなしでスマホを使用したことはありません。iPhoneもAndroidも持ってますが...
あわせて読みたい
【レビュー】ワイヤレス充電も可能な取り外せるスマホリング「iRing Link」
【レビュー】ワイヤレス充電も可能な取り外せるスマホリング「iRing Link」こんにちはKoh(@misc_log)です。今日はスマホリングが抱えている弱点を見事に解消した画期的なスマホリングであるiRing Linkをレビューします。数ヶ月前に話題になって...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

コメント

コメントする

目次
目次