Amazonブラックフライデーいよいよ!>

MagRinCam レビュー:iPhoneがWebカメラに!連係カメラに対応した多機能MagSafeリング

URLをコピーする
URLをコピーしました!

\ 今年も来たぞブラックフライデー /

こんにちはKoh(@misc_log)です。

突然ですが皆さん、iPhoneがMacのカメラになるって知ってました?

新しいmacOSである「macOS 13 Ventura」で連係カメラ機能がパワーアップしてiPhoneをWebカメラのように使えるようになりました。

iPhoneの高画質なカメラ性能をMacのWebカメラとして使うことができ、背景ボケが美しいポートレートなど様々なエフェクトも使用可能。Web会議や配信などのシーンで活用できます。

そんな連係カメラ機能をより便利に使うためにあると便利なのがこれ。Trinity(トリニティ)から発売された「MagRinCam」というアイテム。

MagRinCam

MagSafeでiPhoneの背面にくっつき、フックでMacBookのディスプレイ部分にバッチリおさまるようになっているMagSafeリングです。

見た目通りMagSafeスマホリングにもなるし、MagSafeスタンドとしても使えるという多機能っぷり。しかもこれで2,680円。

多機能MagSafeリング!
多機能MagSafeリング!

今回、Trinityさんからサンプルを送ってもらったので、使い方や使用感など詳しく紹介します。

目次

MagRinCamの外観や付属品

MagRinCamは連係カメラ対応、スマホリング、スマホスタンドに対応したMagSafeリング。

カラーは1色でブラックのみ。メタリックで重厚感ある佇まい。

一見するとよくあるMagSafe対応のスマホリングなんですが、リング部分にMacBookにひっかけるためのフックがついてます。

フックがある
バッチリひっかかる

これ、写真では絶対に伝わらないし、むしろ見てもわからないんですが、フックの内側にはシリコンのクッションが備えられておりMacを傷つけないようになってます。

内部にはシリコンのクッション

大きさはだいたい6cm弱。AnkerのMagSafeリングとだいたい同じくらいのサイズ感でした。まあこれはiPhone側のMagSafeのサイズに合わせていると思うのでどのリングでも同じだと思います。

MagSafeマグネットと同じサイズ
AnkerのMagSafeリングとほぼ同サイズ

MagSafe非対応ケースやMagSafe非対応iPhone向けにマグネットシールが付属してきます。

MagSafe非対応iPhoneやケース用に
MagSafe非対応iPhoneやケース用に

ただ、レザーや布素材のケースには貼り付けられないのでご注意ください。

連係カメラに対応したMagSafeリングMagRinCamレビュー

実際に使った使用感や良いところ・残念なところなどまとめて紹介します。

連係カメラ用としては未知数だけど・・

まず目玉機能である連係カメラ用として。M2 MacBook Airにつけてみました。

M2 MacBook Airに装着
M2 MacBook Airに装着

この状態でもしっかり体制を維持できるので実際の使用においても全然問題なく使えると思います。

リングを回転して縦向きで使うことも可能です。

縦にもなる

このように特に不安なところはないんですが、Macのディスプレイを斜め気味にすると重みでディスプレイが後ろに倒れちゃいますね。これiPhone 14 Proですが、Pro Max系のiPhoneだとより顕著に倒れると思います。

少し傾けると後ろに倒れちゃう

ただ、iPhoneがWebカメラとして自分を狙うにはディスプレイを立てる必要があるため斜め気味にすることは基本ないはず。なので、実用上は特に問題ないかなと思います。

使うにはこうしないと意味ない
使うにはこうしないと意味ない

で、気になるのは、画面本当に大丈夫なの?傷つけたりしないの?ってところなんですが、ちゃんとそのあたりは考慮されているようです。

画面傷つけないの?
画面傷つけないの?

フックの部分にシリコンクッションがあるのもそうなんですが、Appleが「連係カメラ用のマウントを作るときはこうやって作ってね」というガイドラインを設けていて、このMagSafeリングはそれに準拠して作られているそうです。

そんなガイドラインが存在するのか・・

なので、MacBookのディスプレイガラスを傷つけるようなことはないようになっているらしいです。そんなガイドラインまであるとはさすがApple。

とはいえ、リング自体も金属なわけですし、無理なことをすればどこかに傷をつける可能性はあると思います。そのあたりはどこまでいっても気をつける方がよさそう。

気をつける方がいいとは思う
気をつける方がいいとは思う

また実際に連係カメラを試してみて気づいたことがあれば追記します。

スマホリングとしても快適

スマホリングとして使う上で最も気になるのは磁力の強さですが、十分強力な磁力を持ってます。

結構すごい
結構すごい

レビューではPITAKAのMagSafe対応ケースを装着しています。

これだけしっかりくっつけばスマホリングとしても不安なく使えますね。Anker製のリングと比較しても遜色ない使い心地。

また、回転させることでリングの向きを微調整して少しでも快適な位置で使うことができるようになっています。

このように使用感としては悪くないのですが、MagSafeスマホリングはそれなりに注意点もあります。僕が思うところだと3つ。

1つ目は、物理的にくっついてるわけじゃないので外そうとすれば外せます。粘着式よりは簡単に外れるため激しい使い方はおすすめしません。

2つ目。本体自体を動かすような細かな位置調整は不可。スマホリングを端っこにつける派の人とか結構多いと思うんですが、そういった使い方は性質上できません。特にPro Maxシリーズの人は位置に好みがあると思います。

こういう位置につけることはできない

3つ目は、リングを回転させることはできますが、本体そのものが回るのでケースによっては細かな擦り傷が付く可能性があります。

このあたりはMagSafeスマホリングが持つ共通的な注意点ですが、理解の上使う必要があります。

スマホスタンドは横向き用

リングの部分をスタンドとして使うこともできるのでYoutubeがはかどります。

スタンドにも
スタンドにも

リングの起こす角度を変えたり回転させたりすることで、傾斜角度を変えて使うことも可能です。

ただ、このタイプは実質横向き限定なんですよね。縦だとこんな緩やかな角度になっちゃうのでスタンドとしては正直微妙です。

縦向きはスタンドとしては実用的じゃない
縦向きはスタンドとしてはあまり実用的じゃない

一部、特殊な形状をしたMagSafeスマホリングなら縦置きスタンドにも対応していたりしますが、このベーシックな形状のものはだいたい縦は無理です。こういうものです。

横向きは腰を据えて見るときには快適なので、じっくり動画を見たいときにどうぞ。

連係カメラに対応したMagSafeリングMagRinCamレビューまとめ

以上、連係カメラに対応した3つの機能を持つMagSafeスマホリング「MagRinCam」をレビューしました。

連係カメラを使うならあると便利

連係カメラ用としてはもちろん、MagSafeスマホリングが欲しい人もこれを買っとくと連係カメラにも使えていいんじゃないでしょうか。

良いところ
残念なところ
  • 連係カメラに対応
  • スマホリング、スタンドとしても
  • Appleガイドライン準拠
  • MagSafeスマホリングとしての注意点は健在

少しでも連係カメラを使う可能性がある人はぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる